あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 11月 04日 ( 1 )

「十三夜」は曇りなし 

 10月30日のこと
一般的に十三夜は十五夜に比べると曇りなしと言われているらしい
それを信じて(馬鹿でしょう....)熊本城まで月見としゃれましたが
c0152779_23511779.jpg


お月見とは旧暦の8月15日「十五夜」、9月13日「十三夜」に月を鑑賞すること。十五夜の月は、サトイモなどを供えることが多いため「芋名月」とも呼ばれる。一方、十三夜の月は、栗や豆を供えることが多いため「栗名月」又は「豆名月」とも呼ばれる。どちらか一方の月見だけをすることは、「片見月」として嫌われた。十五夜の月を鑑賞する習慣は中国から伝わったが、十三夜の月見は日本独特の風習であり、平安時代に貴族たちが集まって、月を見て詩歌を詠んだのが始まりといわれる。


雲に隠れて姿見えず~(笑)あきらめて県庁のイチョウを見て帰ることにしました
c0152779_034042.jpg
c0152779_035636.jpg

 11月1日から30日まで、午後6時~9時 ライトアップが始まっているそうです
21日の午後6時から「ライトアップコンサート」も行われるらしい
by rei221122 | 2009-11-04 00:14 | Comments(6)