あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

やりきれない

ミニナツ(かざぐるま)
c0152779_11272123.jpg

      悲し過ぎる事件  
オリズルラン
c0152779_11312369.jpg

      やりきれないです
宿根ひまわり
c0152779_11335179.jpg

      命の重さに差はない
アンゲロニア
c0152779_113513100.jpg

ダールベルグデージー
c0152779_1138068.jpg

by rei221122 | 2016-07-28 11:46 | ひとり言 | Comments(0)

久しぶりの釣り

天草市の花「はまぼう」
c0152779_10482174.jpg

塩水と淡水が入り混じる、波の穏やかな入り江や河口近くの湿地に自生する落葉樹です。 木の高さは1m~2m 、高いもので3mほどになり、横に大きく枝を広げます。 7月上旬から8月上旬にかけて、7cmほどの大きさのハイビスカスに似た淡い黄色の花をつけます。ハマボウは天草市の花に指定されていて、新和町にはハマボウの群生地があります。 自生しているのはとても珍しく、しかも群生地の規模はおよそ3haありこれは日本でも最大級の面積だそうです。毎年「ハマボウ観察会」も開催されています

c0152779_10483229.jpg

ドライブの帰り渋滞・・・(>_<)
「急いで帰らなくてもいいよね」と爺様、まあ~急ぎませんが~返事をしないでいると
c0152779_10284897.jpg

釣り場へ行っちゃった(^^;) 一人で釣りを始めました(^^;
私達はクーラーのきいた車の中(笑)
c0152779_10322918.jpg

隣には海水浴を楽しんでいる家族 遠くでお父さんは釣りみたい(^^♪
なつかしい~昔の我が家もああだった~
出かけると言えば*釣り*  よくついて行った?!ものだ(笑)
c0152779_10372762.jpg

婆はこの美味しさに釣られていたのかもしれない?! 
チョッと小ぶり、刺身とはいかないなぁ~ 翌日は衣をつけてフライにしました
食べたら「次回はもっと釣ってよ」と言う婆(^^ゞ  
・・・(^^;)本当に呆れるくらいに釣り?海?の好きな爺です
by rei221122 | 2016-07-22 10:54 | ドライブ | Comments(2)

終わりの無い余震

c0152779_145414100.jpg

あれからもう三カ月、まだまだ余震は続いてます
c0152779_14543512.jpg

お昼頃「ドン」と突き上げるような音
でも地震速報は流れない?  何だったんだろう? 誰か尻もちついたか?
c0152779_14544269.jpg

揺れを感じるとまたこの後・・・なんて構えてしまう
ふぅ~(>_<)  なんか本腰いれて片付けられないでいます
 (これは単なる怠け者な婆だから・・・)
庭の草は元気(>_<) 花たちは雨や虫にやられています・・
こうも雨が続くと地盤は大丈夫かな?と心配
眉間にしわをよせて寝てる娘 背中をなでるしかできない婆
皆が心の底から笑顔になれる日を願うばかりです 
   (写真は爺様が撮りました)
by rei221122 | 2016-07-12 15:19 | ひとり言 | Comments(0)

蓮を探しに佐賀へ~♪ 福富ゆうあい館そばのハス池

 二千年ハスのあと隣にある物産館でうどんを食べ次へc0152779_10521757.jpg
食事途中で写したので見苦しいですが<(_ _)>
爺様はとり天、婆はナス、揚げ物が別皿に
とてもサクサクで美味しかったです
途中小城で羊羹をゲット


c0152779_105888.jpg

白石町の福富ゆうあい館駐車場東側にある約400平方メートルのハス池
c0152779_11371725.jpg

穏やかな気持ちになってしまいます
c0152779_11331251.jpg

c0152779_1131444.jpg

c0152779_11351218.jpg

c0152779_11461049.jpg

c0152779_11334261.jpg

c0152779_11335662.jpg

c0152779_11352981.jpg


近くにネジバナを見つけた爺様、皆車に乗ってるのに「チョッとごめん」だって(^^♪
c0152779_1139182.jpg

こちらの物産館でサラダかぼちゃにサラダなす、そしてお米食べてみようよと
c0152779_11433497.jpg



       蓮の種類・・・判別できない婆です・・・(>_<)でも知ってると楽しいですよね
*根茎は長く花は長い茎上に単生。がくは4・5枚で花弁は24枚内外が螺旋状につく「茶碗蓮」
*花色は初日は淡い黄色で全体に淡い紅色は乗り、赤・黄とも日を追うごとに退色していき、二日目 以降、淡い黄色の爪紅状になります、風に舞うように見え、花弁の先がピンクがかった「舞妃蓮」
*花弁の数が多く花色は初日は淡い紅色で全体に黄色味を帯びて、二日目以降赤は花弁先に残るのみ中心部は淡い黄色になる「ミセス・スローカム」
*1995年に中国より導入されたもので、白から僅かに黄色がかる一重咲き種、黄花種系の特徴である 屈光性のため花弁の開閉の際に捩れるように動き花弁を大きく広げるように咲く「ハスらしくな  い」花型も特徴の一つ「剣舞蓮」
by rei221122 | 2016-07-02 10:47 | ドライブ | Comments(2)

蓮を探しに佐賀へ~♪ 「二千年ハス」

 26日、むら智さんのブログで美しい蓮を見て、もう咲いてる事を知り出かけました
「もうハスの季節だよね~」と催促していた娘(^^♪  喜ぶ姿を見たくて~(へへへ~)
高速で多久まで、じゃ~聖光寺二千年ハス を先に見ようとナビ任せ
c0152779_14364117.jpg

天気も良かったので大勢の人、でした(^^♪
ハスが植えられた約200平方メートルの池
c0152779_14365994.jpg
c0152779_14371820.jpg
c0152779_14372910.jpg
c0152779_14374092.jpg
c0152779_14375078.jpg
c0152779_14375946.jpg

c0152779_14544847.jpg

二千年ハス
 1951年(昭和26年)四月、千葉県見検見川の遺跡から出土した二千年前の丸木船と一緒に
ハスの権威者・大賀博士(1883年~1965年・岡山県出身)により、この花の種子は発見されましたのハスは1965年(昭和40年)6月15日博士81歳で亡くなられたその日、島根県太田市で二千年の時を超え開花したそうです。ここの二千年ハスは、2002年(平成14年)島根県斐川町の荒神谷史跡公園のご好意により種子(蓮子)を譲り受け、その年8月当地で発芽し、栽培に成功したものです。「ハスは平和の象徴」と云われた大賀博士が発見し、今に蘇った古代ハスは、当苑でもさわやかな花を毎年咲かせてくれます。

舞妃蓮
 昭和26年春、千葉県検見川の泥炭層から、約二千年前のものと思われるハスの実3粒が発見され、開花されて「大賀ハス(二千年ハス)」として世界中の話題をさらしめたハスと、当時の皇太子ご夫婦ご成婚の翌年、昭和35年に訪米されたときに、コロラド州デンバ市に日系人小川一郎称がアメリカの黄ハスの実を皇太子ご夫婦のお渡しになり、これが見事に開花して皇太子ご夫婦に因んで「王子ハス」と命名されました。「大賀ハス」を母に「王子ハス」を父にした交雑実験は夏の一番暑い真夏時に行われました。その秋に実を結び黒く大きな実が出来ました。それからすぐに発芽処理し、順調に育成して翌年早々にハス池に蓮根を植え込み、6月21日午前6時過ぎ花先は開き8時10分に20センチくらいに開きました。第一日目の全開のときです。このハスを献上されるというのです。6月28日朝第一目の開花を皇太子ご夫婦と礼宮様がご覧になり、皇太子さまの望みで天皇皇后両陛下にもご覧いただきました。この時の花の名前は「クラウンプリンセス」でしたが、夕方の閉花の様子を眺めて「花弁が舞っているようだね」と言葉を遺され、美智子妃殿下の美しさを花の姿に映して、東洋的な名前の方に考え直しハスの名前を「舞妃蓮」に決められました。このとき日米友好の花「舞妃蓮」が誕生しました -阪本祐二「花蓮」・阪本弘子「舞妃蓮」よりー
by rei221122 | 2016-07-01 10:46 | ドライブ | Comments(0)