あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

芦北~津奈木へ

もういくつ寝ると・・・
ぼやぼやしておれないんですが、今日も午後から天気がいいので出かけちゃいました(^^;)
c0152779_21412762.jpg

「お兄ちゃんが海に行きたいんだって!」ですって(^^♪
あの手この手を使ってくる娘、 でものっちゃいました(-_-;)
ピカピカじゃなくっても・・お正月はやってくるでしょう(開き直りです)
c0152779_21463050.jpg

自然の美しさ、癒されました。
c0152779_2146476.jpg
c0152779_21465957.jpg
c0152779_21471398.jpg
c0152779_21472411.jpg
c0152779_21473770.jpg

今年のお疲れ様のご褒美かな(^^♪ そしてまた来年も頑張ろうの励ましかな(^_^)v
ちりめん、いりこ、主人は太刀魚の刺身等々いつの間にか、かごの中
でも太刀魚のお刺身、甘くて美味しかった!です。
まだ黒豆を煮ただけですが
明日からは、ささやかなおせち料理つくりにがんばります(^^)/
なんて言いながら、天気が良かったらホイホイ出かけてるかも・・・(苦笑)
しれません、早いですが、 「良いお年を」
by rei221122 | 2014-12-29 22:04 | ドライブ | Comments(2)

婆から母へ(^^♪

19日(金)は、娘を見送ってから髪を染めに行ってきました。空は雲ひとつないいい天気!
予約しているので家のこと忘れ~♪ 婆さまから母へ、髪を染めて変身です(^^♪  
夕べ「明日は髪を短く切ってくる!」
と言うと爺様目を丸くして「ええ短くするって初めてじゃない?!」
ってショートにするのってびっくりしてました(笑)寒いのにそんなねぇ(^-^;
言い方間違ったかなぁ・・・「髪を染めて、チョット肩につく位に切ってくるの」
c0152779_11273448.jpg

そしていつもの、最初のころは「1」とか「2」ってなかったような?
いつからあったのかなぁ?(苦笑)この歳になるととっても助かる1番と2番(笑)
同じような入れ物だから、どちらを先に使うのか分らなくなっていたんです(>_<)

26日は娘の御用納め、大掃除、ほんとに早いです!月日・・・
一日24時間は皆平等なはずなのにne 
9日間の休み・・・どう過ごしましょう(^^♪ 
無計画な我が家ですが、牡蠣食べたい(爺)! 佐賀のレンコンを買いに(婆)!の願いで
佐賀方面のドライブは年末に、そうそう小城羊羹も欲しいし(笑)(^^;)
大掃除・・・窓ふき・・・まだ我が家は終わっていません・・・。
婆が母へ変身したことで、まあいいか(-_-;)
by rei221122 | 2014-12-26 09:14 | ひとり言 | Comments(0)

サンタさんだ~♪

23日(祝)午後から三角に海苔を買いに行きました。
その時!
c0152779_14133577.jpg

サンタの集団(笑)その前にはトナカイもいましたyo
どこにプレゼントを運んでるんだろう?(^^♪ 笑顔をくれたサンタさんたちでした。

帰り道の月, 昨日は2014年12月22日は特別な日! 朔旦冬至( さくたんとうじ)」でしたね、新 月と冬至の日が重なり合う19年に一度の特別な日だったんですね
c0152779_1417549.jpg

朔旦冬至の翌日の月(^^♪
c0152779_14192356.jpg

久しぶりながめる空。寒さに負け、夜、出かけること断ってたけど
夜空を見上げる余裕持ちたいなぁ~と思った婆です
サンタさん・・・忘れず来てくれるかなぁ? 年齢制限あるかなぁ?(-_-;)
by rei221122 | 2014-12-24 14:26 | ドライブ | Comments(0)

師走

お餅もしめ縄も気になるけれど・・・今は横目で見るだけ・・・。
でもこれは準備しました(苦笑)
c0152779_18575724.jpg

カレンダー、一年とっておけるので昨年のと重ねています、娘と爺様のことを記入してるのが
多いです。昨年のを参考にしながら(^^♪ 今週の土曜日は娘は餅つき、そして夜は忘年会です
今年は26日が御用納め、あああ・・(ふふふ何のため息?何でしょうね(^^♪)
そして手帳、娘のことと自分の事だけだから充分です、安い(450円)県民手帳!!
去年、そして今年も買いました。県民手帳と決めたら、迷うこともないので楽?!
・・もう二週間もないですね、大掃除・・あきらめました(^^;)
プチ掃除がんばりましょうかなぁ(苦笑)
by rei221122 | 2014-12-18 19:02 | ひとり言 | Comments(0)

ふたご座流星群

c0152779_9523785.jpg

14日のふたご座流星群見られましたか?
我が家は(^^♪ ふふふ主人一人で出かけました。
「行けばよかったのに・・。」ですって
翌日は娘は仕事、土曜活動で張りきって歩いたので少々疲れ気味だったのでお留守番
20時過ぎからベットの中、一時間後咳が出て「ヤバイ・・」と心配しましたが、
その後、何もなくスースー寝てました(よかった、婆の判断は良(^_^)v)
爺様も時間を気にせず夜空を楽しんだだろうし~♪ (良し良し)
皆さんのお宅はクリスマスプレゼントの準備はできましたか?
「お母さんは何をお願いしたの?」と娘(笑)
カメラの中に入ってた流れ星に何を願おうかなぁ(^_-)-☆
この歳になってクリスマスプレゼントなんて・・と思う婆、でも娘の言葉に
「夢」をもらって、また今年も救われています。
一段と寒くなりそうです、無理されませんようにと言っても主婦は忙しい!!
でも寝込んでしまっては大変です、無理はダメ~yo(笑)
でも頑張ってきます(日ごろの行ないのなさ・・・痛感)
by rei221122 | 2014-12-16 10:17 | ひとり言 | Comments(2)

阿蘇は雪化粧 12/6

「ねえ~お母さん耳かして?!静かにして!」
と休日のいつもの耳かしてです(笑)「阿蘇の雪を見に行きたいの」(^^♪だって
この頃の爺と婆の会話に娘のことが話題にでます~♪ 
「よく覚えてるよね、休みにどこどこの何を見に行こうってねぇ」
「うん、四季を体で覚えてほしくってドライブを始めたんだけど、願いが叶ったねぇ」
c0152779_18384728.jpg

ほんとだ雪だ!
c0152779_18393014.jpg

雪を見て・・・もう師走なんだって・・・焦りました(-_-;)
c0152779_18393855.jpg
c0152779_18395534.jpg

噴火・・・。おさまってくれることを願う・・・。
c0152779_1840854.jpg

穏やかな米塚
c0152779_1852553.jpg

c0152779_18531537.jpg

願いが叶うと次の願いを思ってしまう欲なんでしょうne・・・(苦笑)

今日(12/12)は久しぶり二人でランチしました。奢ってもらいました(^_^)v 
たまの会話で気持ちの確認もできて良かったというか・・安心したというか(笑)
ランチを奢ってもらったのが、今日の一番の満足!満足!(^^)/~~~
by rei221122 | 2014-12-12 19:07 | 阿蘇 | Comments(0)

黄葉~♪ ④上野口菅原神社の銀杏➄圓通寺の銀杏

黄葉・・・まだ続いているんです m(__)m
c0152779_1446242.jpg

「上野口菅原神社の銀杏」(玉名市岱明町)
幹周り4.1m  樹高23.5m  樹齢400年以上と推定される。
真っ直ぐに高く成長した幹の地上4.5mから、第一枝が北東へ10.2m伸びるのをはじめ、
ほぼ0.5-1.0m間隔で、30本近い大枝が四方へ広がり、境内の半分をおおう。


c0152779_1445082.jpg
c0152779_1445918.jpg


そしてオマケ
➄圓通寺の銀杏  
一番見たい銀杏は?と爺に尋ねると「圓通寺の銀杏」って言うので11/30に行きました
c0152779_15123341.jpg

雨も降っていて階段なので娘と二人車の中(^_^)v
ここからは爺様の写真です
c0152779_15141264.jpg

幹周11.4m    樹高28m     樹齢 伝承1380年
c0152779_15145618.jpg

c0152779_15151327.jpg

円通寺縁起によれば、聖徳太子(574~622?)の時代、百済から来朝した日羅上人が豊後国古国府の岩屋寺(後の円寿寺)を開くとき、東方の峰に慶雲がたなびくのを見て、そこに向かった。中腹に至って、生い茂る老樹に難儀していると、九匹の鹿猪が数多(あまた)の鹿猪を率いて来て、一斉に峰をめがけて駆け上った。その後には一条の道が開け、日羅上人は容易に山頂に立つことが出来た。歓んだ上人はここで千手観音像を刻み、一宇を建立して九鹿猪山(くろくいざん)円通寺と名付けた。(「九鹿猪」が「九六位」と改められたのは寛文8年=1632のことという)
 参道の途中に立つこのイチョウも、日羅上人の手植えとされているイチョウは自然のままに生長し、そして朽ちたという感じで、勢いと衰えが同居している姿である。周辺が薄暗いこともあって、葉のない3月、野性に満ちたイチョウの姿からは、少々おどろおどろしい印象も受ける。
 すらっとした優等生とは異なる、こんな姿もまた良いものだ。(大分市より)

今度は葉のない3月野生に満ちた姿を・・・見るかな爺様は?手すりもあるみたいだし
ぼちぼちと娘と登って見ようかなぁ?!ちょっと興味のある銀杏です。
by rei221122 | 2014-12-12 09:00 | ドライブ | Comments(0)

もう限界です~(>_<)

先週からジージーバーバーとパソコンが騒ぎ出した
まだまだなんて言っていたけれど 「もう限界!」と怒り出したPC
ダメかもと爺様新しい本体だけ買ってきた・・・そしてノートパソコンも
「これを使って」と真っ赤・・開けても真っ赤(-_-;)
派手好きな爺、妻の好みなんか気にもしない爺  「いらない!」と婆(--〆)
でも皆さんのブログが気になるので・・・そっと開く「お気に入りも入れてよ」
はいはいとpcにむかう爺
・・・・PCの悲鳴で婆はまた変わった操作に悲鳴・・・
「そんなに変わってないから」と爺 ぅぅうううう(>_<)
ボケ防止にと習い習い更新(苦笑)
c0152779_10534097.jpg

今日はここまで・・・明日からまた頑張ります!!  
by rei221122 | 2014-12-11 10:55 | ひとり言 | Comments(0)

黄葉~♪  ③来民の大イチョウ

c0152779_22233655.jpg

市指定文化財「来民の大イチョウ」
推定樹齢三五〇年の雄株のイチョウです。
これまで台風や落雷などの被害を受けながらも、平成十年の
土壌改良などによって、樹勢は回復しつつあります。
c0152779_2224569.jpg

樹高 35m(あったそうです)  幹囲 8.7m
c0152779_2224276.jpg

平成9年(1997)、雷の直撃を受けたイチョウが火を噴き、火種が幹の内部に残って、
3日間も燃え続けた。樹高35mを誇った上空部分はすっかり焼けてしまった。 
 りっぱに回復していますne
c0152779_22245697.jpg

大イチョウの近くに  学祖 荒木俊馬ゆかりの地記念碑
c0152779_22482715.jpg
2015年に創立50周年を迎える京都産業大学は、学祖 荒木俊馬の生家近傍を「生誕の地」とし、
学祖 荒木俊馬が通った尋常小学校跡地を「縁(ゆかり)の地」としてそれぞれに記念碑を建立


c0152779_22312763.jpg
 



来民の大イチョウ
    
by rei221122 | 2014-12-06 09:00 | ドライブ | Comments(2)

黄葉~♪  ②康平寺のイチョウ

山鹿市鹿央町の康平寺の境内一面に、イチョウの落ち葉で黄色いじゅうたんを敷き詰めたような光景が広がっている。と11/27の熊日新聞に掲載されていたので行きました(^^♪
c0152779_21181377.jpg

 本堂の両脇に樹齢150年と伝わるイチョウの大木があり、紅葉の時季は、十数年前から落ち葉を掃かずに境内を黄色で染めるようにしたところ、県内外から多くの観光客らが訪れるようになった。境内を見下ろす位置にある脇の林道は、人気の撮影スポットだ。
 同寺は1058年創建の天台宗の山岳密教寺院で、県重要文化財の千手観音、28部衆立像などを安置。地元の霜野区の住民が当番制で寺に詰め、ボランティアの案内や清掃管理を続けている。
 「例年以上に色づきが良く、今月いっぱいが最も見ごろ」と森芳顕区長(67)。12月7日までは、落ち葉をそのままにしておくという。(熊日より)

c0152779_2120121.jpg
c0152779_21203020.jpg

c0152779_2121313.jpg
c0152779_2121136.jpg

   真堂浦の石造物群
真堂浦の一角に集められ、埋もれていた五輪塔うあ石塔などです。昭和六十三年にこの場所へ集めました
各輪の重ね方は当初のものではありません。
真堂浦・・・江戸時代の初めまで、康平寺の本堂があったとされる場所。ここから約三〇〇m北東。(案内板)

c0152779_21295384.jpg
c0152779_2130425.jpg

c0152779_21342392.jpg

カッコ良いカメラマン!  私も撮ってみました(^^♪
c0152779_2137036.jpg

人が通り過ぎるのを静かに待っていられました・・・・私にはできない物静かさ、忍耐強さ
カメラマンと同じ角度からと思ったんですが、さすがに前に・・・・なんてできませんでした^^;
境内を見下ろす位置にある脇の林道は、人気の撮影スポットとありましたが、今回はここから(^^♪
霜野区の住民のみなさんお世話になりました。

  「康平寺」

by rei221122 | 2014-12-05 09:00 | ドライブ | Comments(0)