あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

さくらんぼ(佐藤錦)

6月のゆうパックは*さくらんぼ* 主人の大好きなさくらんぼです(^^♪
でもneでもne  今日の私の心は・・・・↓ 落ち込んでる・・・(*_*;
だから主人が好きだと分かってるけど、1/4もう食べちゃった
c0152779_14432746.jpg

半分は冷蔵庫の中~だけど・・・止まらない~食べてしまいそう(;一_一)
c0152779_14452986.jpg

知らんぷりして全部食べておこうかな~証拠は残さない!!
さくらんぼくらいじゃ治まりそうにありません!ぅぅうう自分自身に失望中
by rei221122 | 2012-06-29 14:49 | Comments(2)

やまなみ


やまなみと言うとここらあたりがD様はやまなみらしい?
c0152779_1542380.jpg

でもね、福岡生まれの私は...
c0152779_15445256.jpg
c0152779_1545650.jpg

ここまで来たらやまなみに着た~♪\(^o^)/と思う・・・

この頃妙に生活の違いが気になる。。。妙に拘ってしまう^^;
by rei221122 | 2012-06-27 15:40 | ひとり言 | Comments(2)

(>_<)

弱いです・・黙って涙ポロッて流されると(苦笑)
24日(日)は朝から雨。だから 「ドライブは中止です」 と言うと娘は一人涙をぽろり・・・
困ったモンです・・・我慢できることと、できないことがある
休日のドライブは娘にとっては平日のがんばりに繋がってるのかもしれません。彼女なりの息抜き・・かも?!
苦笑いの父と母。「牛深方面は雲が薄いよ」の父の一言で行き先決まり!^^;
c0152779_1605397.jpg

来てしまいました。確かに着いた頃は雨は降っていませんでした
先客あり~♪
c0152779_1622163.jpg

D様は?
c0152779_1631613.jpg

まさかまさかの釣りを始めました。来週の大会のために振っておきたい?
ぅうう(ーー;)一番出かけたかったのはあなた!(;一_一)
熊本市内に着いたころ空は?母の胸の中?まさか^m^
c0152779_1674543.jpg

by rei221122 | 2012-06-27 09:30 | Comments(0)

神楽女湖の花菖蒲

 23日(土)に小雨の中神楽女湖の花菖蒲を見に行ってきました。
阿蘇くじゅう国立公園の標高約600mの高地で、四方を山に囲まれた神楽女湖は、平安時代に鶴見岳神社の歌舞女が住んでいたという伝説から名づけられた湖。昭和55年から湖畔にハナショウブの植栽を繰り返し、今では肥後系を中心に約80種1万5000株、約30万本が咲く
 
由布岳(標高 1584m) 右にチョッと見える鶴見岳(標高 1375m)
中央のカメラ女子?いやプロでしょう、カッコ良かったです!カメラの中もも覘いて見たかった(^^♪
c0152779_2020125.jpg

撮影会があってたみたいです?花菖蒲には和が見合いますね
c0152779_203473.jpg

c0152779_20354110.jpg

c0152779_20422683.jpg

ここでは今年は蕾がとても美しく感じました
c0152779_20461350.jpg
c0152779_20462666.jpg
c0152779_20464048.jpg

そして色に~惹かれました
c0152779_2047858.jpg

c0152779_2048592.jpg

そして名に、姿に惹かれました
c0152779_20484863.jpg

c0152779_20494659.jpg
c0152779_2050142.jpg
c0152779_20501423.jpg

めざめ(江戸)
c0152779_20513463.jpg

高原なので早朝には霧がかかり、神秘的なハナショウブの群落を見ることもできるそうです。
・・・早朝(苦笑)いつか神秘的なハナショウブもみたいものです(実現するかな?(笑))
by rei221122 | 2012-06-25 20:59 | Comments(2)

ハナシノブも見頃です

c0152779_2162094.jpg
第32回はなしのぶコンサート
    6月24日(日)午前10時30分
    休暇村南阿蘇 「阿蘇野草園」
      *雨天時の場合「高森町民体育館」

6月の阿蘇は、はなしのぶ
天気があがったので阿蘇野草園に行ってきました
一年って早いです(笑)
毎年この時期 はなしのぶに
合いに行ってます(^_^)v


ビジターセンターでは準備万端でした
c0152779_21564549.jpg

野草園をのんびり散策です
c0152779_21575574.jpg

もう巣立ったのかな・・・?
c0152779_2224128.jpg

c0152779_2158417.jpg

イヌゴマ
c0152779_22103898.jpg

色鮮やかな「マツモトセンノウ」
c0152779_2159078.jpg

ヤマホトトギス  蕾も愛らしかったです
c0152779_2261191.jpg
c0152779_227124.jpg

ユキノシタ
c0152779_22114960.jpg

トラノオ
c0152779_2219089.jpg

そして清々しい「はなしのぶ」
c0152779_22212665.jpg
c0152779_22215579.jpg

白もありました。優しい美しさに引き込まれそうです
c0152779_2222135.jpg
c0152779_22223072.jpg

連れてきてもらって感謝!
by rei221122 | 2012-06-23 09:03 | 阿蘇 | Comments(0)

丹精込めた花鮮やか

6/19(火)の朝刊に個人宅の花菖蒲 「丹精込めた花鮮やか」 と紹介されていました。
南阿蘇村両併の後藤さん夫婦は、自宅に隣接する休耕田約500㎡で花菖蒲を育てている
15年前に他界した父親が持ち帰った株を絶やさないように手入れを続け、今年も満開を迎えた。「父は縁側からハナショウブの花を見て喜んでいた。草取りなど手入れは大変ですが、父との思い出を絶やしたくありません」と二人は口をそろえる。熊日(藤山祐作)

何年か前、道路を通っていたときチラッときれいなハナショウブが見えてたんです(^^♪
c0152779_16133691.jpg

ここかも? と寄らせてもらいました
c0152779_1623318.jpg

c0152779_1653313.jpg

手入れのいきとどいた花畑です。昨日までの雨風が嘘のようです、一本一本の花が活き活きとして
美しく優しい色合いのハナショウブ畑です。気付かれたのか後藤さん夫婦が迎えてくれました
c0152779_1658153.jpg

c0152779_1752290.jpg
c0152779_1753326.jpg

c0152779_16582715.jpg
c0152779_16584286.jpg

この黄色の花菖蒲はご主人が1株から増やされたそうです(すごいですね)
c0152779_16585329.jpg

お庭側からも見せて貰いました
c0152779_173548.jpg

c0152779_1743589.jpg

すずらんです!(うらやましい・・(^^♪) 
c0152779_176656.jpg

裏庭には野草もたくさん植えられていました。ご夫婦の花に対する愛情を強く感じました
朝早くから花摘み、草取り、毎日花たちに感謝し過ごされている姿が見えるようでした
寄せていただいて感謝でした。お話もできて素敵な時間でした。。。
by rei221122 | 2012-06-22 17:16 | 阿蘇 | Comments(4)

夏至の日

「くまもとブラックイルミネーション」
c0152779_185139.jpg熊本も夏至の日にあわせて企業や一般家庭に看板や照明などの一斉消灯を呼びかけていて熊本城なども参加するらしい、
ライトダウンは20~22時、県内全域
7月7日、7月22日(大暑)、8月7日(立秋)
にも実施されるそうです。
我が家も、参加しよう


娘が中・高時代作ったろうそくを思い出し探し出しました(^_^)v
c0152779_18501449.jpg
c0152779_18503245.jpg
c0152779_18504423.jpg

でもテレビ?パソコン?の明かりも消せるかな・・・?
20時~
c0152779_21112912.jpg
c0152779_21114842.jpg
c0152779_21115885.jpg

テレビ・・ パソコン・・は消えませんでした(>_<)
次回七夕は天の川の下で楽しみましょう~(^_-)-☆
by rei221122 | 2012-06-21 09:41 | Comments(2)

お別れ

c0152779_19283774.jpg
子供たちが大人になって全く使わなくなったボート
邪魔になるから何とかして!
と言っていたら
「譲ってくれませんか?」
と家に訪ねてきた青年
・・・・主人は複雑だと思う。
「まだ使うよ」と言ったり
「もう使わないなぁ、Y(息子)は使わないだろうし・・」
と言ったり
c0152779_19293099.jpg
思いやりがないかな・・私は。
とうとう渡す日がきました
「うれしいなぁ、これで釣りができる!大事に乗ります!」
と青年
これが息子だったら、主人は嬉しいんだろうな

ゴメン。でも小さい頃楽しんだもん~ね!
でもゴメン。

また一つ私は貴方の夢を潰したんでしょうね・・・。
なにも言わない貴方
by rei221122 | 2012-06-20 19:31 | Comments(0)

小野神社の「お手植えの大銀杏」

久々の銀杏の登場です\(^o^)/
星野村から帰宅途中、車が停車?「チョッと待ってて銀杏の木が見えたから~」
とD様は消えました・・・^^; 目の前に
c0152779_18415342.jpg

   内宮「小野神社」   (星野村指定文化財・史跡)
小野氏は鎌倉御家人の一人で、弘安の役(1281年)では小野大進頼承が鎌倉より下って大活躍した様子が、“蒙古襲来絵詞”の中にも描かれています。
 しかしその後、霜月騒動で失脚して所領を失います。その子三郎四郎頼時とその母比丘尼如心も鎌倉を追われ西国を目指す途中、嵐に遭うも一心に箱根権現の加護をた憑んで祈り助かったといいます。
 ほどなく父頼承の疑いも晴れ、この地を与えられました。頼時は報謝のため箱根権現を勧請し、子孫繁栄と村里平穏を祈る氏神としました。時に嘉暦2(1327)年のことと伝えます。
 なお南北朝時代には征西将軍懐良(かねなが)親王が御在所を構えられたこともあり、お手植えと伝える大銀杏や墨跡が残っています。
          平成18年3月 市教育委員会

c0152779_18465077.jpg

すぐには戻ってこないD様でしょうから(苦笑) 行ってみることにしました
c0152779_1847646.jpg

苔がたくさん・・・・歴史を感じます。
束柱に寛文5年(1665)と大変古い参道橋です  橋長:2.9m  橋幅:1.9m  2径間桁橋 擬宝珠が6個
c0152779_18472315.jpg

嘉暦2年(1327年) 小野四郎三郎頼時 母・比佐尼 如心  創建
はじめ、小野内宮大権現宝栄山宝勝寺と称しましたが、神仏分離の政令によって、小野神社と改められました。

c0152779_18475678.jpg

懐良親王が晩年ここを御在所にされていたこともあったそうです。境内にはお手植えの大銀杏
胸高:5m  樹高:20m  樹齢600年位と推定されています  
c0152779_18572893.jpg

お手植えと伝える大銀杏や墨跡
c0152779_18574576.jpg

by rei221122 | 2012-06-19 11:15 | Comments(2)

番所の棚田

彼岸花の時期はよく来るけれど、田植え時期の棚田もみたくなり行ってきました
c0152779_2423166.jpg
c0152779_2424190.jpg
c0152779_2424935.jpg
c0152779_242599.jpg

れんげがまだ咲いていました(^^♪ 田植えを見届けたかったのかな~♪
c0152779_2431286.jpg


c0152779_243269.jpg

「献穀斎田」
c0152779_2433919.jpg

c0152779_365692.jpg

by rei221122 | 2012-06-18 09:13 | ドライブ | Comments(6)