あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

人吉花火大会 9/24(土)

c0152779_12112277.jpg
雨のため延期となっていた第57回人吉花火大会、24日午後7時から中川原公園で、4500発の花火を楽しみました。例年8月15日に開催されていましたが、昨年は口蹄疫の影響、ことしは相次ぐ雨のため2年連続で延期となり、打つ上げ時間も30分早められていました
c0152779_2226224.jpg

c0152779_2231262.jpg花火が始まる前に会場に着くことが出来ましたが、駐車場が「満車」に
わあ(>_<)何処から見よう!なんて思いましたが、人吉城内の駐車場に
はいれて一安心!
息子はカメラを持って会場の方へ(?たぶん(笑))
時間があったので会場に行き綿菓子を買いました
娘は自分ではあまり食べないんですが、こんなお祭り
で買うのが好きらしいです
~だから残り半分はカチンカチンになってしまっています

さあ~そろそろ始まりそうです、大音が苦手な娘・・・車に戻りました(^_^)v
c0152779_22164838.jpg

c0152779_12244196.jpg

車の中からも見える見える\(^o^)/
c0152779_12264141.jpg

わあ火事みたい
c0152779_12265873.jpg

c0152779_13122718.jpg
c0152779_13124129.jpg

c0152779_13134116.jpg

~いつの間にか、娘のカメラで手持ちで母が写していました^^;
by rei221122 | 2011-09-28 13:18 | Comments(2)

水上村・川内地区の彼岸花~♪

 c0152779_14572725.jpg
9/24(土)、長男が「妹の調子がいいなら人吉の花火大会に行かない?」
と珍しく誘ってくれたので午後から出かけることに(^_^)vせっかくだからと
水上村の川内地区の彼岸花をも見ることにしました~♪
c0152779_150560.jpg
水上村の川内地区では, 小川内川に沿った棚田を丸ごとヒガンバナ群落地に指定して手厚く保護し, 村の重要な観光ポイント「ひがん花の里」になっている
現地に着いたら地図ぐらいあるだろうと気楽な気持ちできたけれど・・・・
来た道が悪いのか?案内地図にめぐり合えませんでした^^;
では道なりに進みましょう(笑)彼岸花がいっぱいです\(^o^)/


中央左寄りに一部青壁の家のところまで辿り着きました(^^♪しばらく散策しました
c0152779_15302518.jpg

c0152779_15315922.jpg

咲き始めなのか?キツネノカミソリを思いました。咲き方が似てる・・・・花も小ぶりです
でも色が鮮やかなんです。深紅?真紅?どう表現したら良いのでしょう!!
c0152779_1528480.jpg

地上に突出た花茎も赤いんです。
c0152779_15415839.jpg

影も愛らしい(笑)
c0152779_15421825.jpg

池に映ったすがたも優しげ(笑)
c0152779_1543473.jpg

山向こうにも棚田があります
c0152779_165441.jpg
c0152779_1651662.jpg

花火の時間も気になるので山を下りました
c0152779_16104849.jpg

c0152779_1678100.jpg
c0152779_1672159.jpg
c0152779_1673632.jpg

本当に丸ごとヒガンバナ群落地でした。

by rei221122 | 2011-09-27 16:15 | ドライブ | Comments(2)

柿をもとめて~♪

 杷木までやってきました。高速からみる景色はまだ柿は色づいてないみたいです^^;
やっぱり柿は10月にならないとだめかな・・・と思いながら道の駅に直行です!
道の駅「原鶴ファームステーション・バサロ」
筑紫平野の東端に位置し、小高い丘の南斜面となる朝倉市杷木は、「日迎(ひむかえ)の里」と呼ばれるなど太陽の光を多く浴びる作物栽培に適した土壌です。夏から秋にかけた柿やぶどうなどのフルーツはもちろん、年間を通して豊富で新鮮な「おいしい食材」を楽しめる地域です。
店名となってる「バサロ」とは、この地方の方言で「ばさろある(たくさんある)」から由来することば。
最初「バサロ」?カタカナ? ばさろあるって耳慣れてる私にはひらがなの方がこの地方らしいのにと思いましたが(笑)
「バサロ」意味ありげでいいかも(笑)「バサロ」前の16万本のひまわり園
c0152779_23131470.jpg
c0152779_23133187.jpg

今年も切花体験をしました。
c0152779_23134444.jpg

父娘は柿狩りが出来ると思っているようでしたが、道の駅「バサロ」で買いました(ゴメン)
9月上旬~10月上旬は富有柿よりも約1ヶ月早く熟する果肉に黒っぽい「ゴマ」が入っている「西村」が販売されていました
「志波柿」という名で全国的にも有名な「富有柿」は11月上旬~12月上旬。そのころ柿狩りにまた来たいと思います(^_^)v
c0152779_23141339.jpgc0152779_23142549.jpg
駐車場の裏から出て筑後川沿いでピンク色が美しいツルボを発見!とても濃い色でした
ここまで来たので小石原~宝珠山の棚田も見たくなり寄って貰いました
2005年3月28日、小石原と宝珠山村とが合併し「東峰村」となっています


竹地区の棚田は、標高差160mの急斜面、約11haの中に約400枚の棚田と24戸の集落があり、谷間のわずかな土地を農地として開拓した先人たちの知恵と努力の結晶です。竹地区の棚田は、古くは室町時代に形成されたといわれ、美しい日本の風景です。竹地区の棚田は、形状・連続性・保存状態などがいずれも際立っていることから、平成11年7月に農林水産省認定「日本棚田百選」に認定されました。また平成19年には、「美しい日本の歴史的風土」にも選ばれています
県道52号沿い棚田の中に建つ棚田交流館は、棚田が一望できる・・・・・はずでしたが・・・辿り着かず(>_<)
岩屋公園?岩屋神社(入り口)銀杏の樹を見つけたD様
c0152779_040484.jpg

岩屋の天然記念物「大公孫樹」
c0152779_0412632.jpg

昭和35年に福岡県天然記念物に指定された大公孫樹は、岩屋神社のご神木の一つで、樹齢600年とも700年ともいわれる高さ約36㍍・幹周り約6㍍のイチョウの巨木です。601年頃・大宝年間に修験道の開祖の役行者小角が岩屋で修行して帰る時、刺した杖が芽生えてこの大公孫樹となったとの伝説があります。よく見上げてみてください。江戸時代には、七色木として、カエデ・マキ・ネズミモチなど七種の異なる植物がこの一本のイチョウから生えていると記録されています。この大公孫樹は、戦国時代末の豊後の大友宗麟による二度の宝珠山焼き討ちにも耐え、岩屋神社の盛衰と人々の祈りを見つめてきました(宝珠山史跡ガイド)

栗木野橋梁(通称:金剛野橋)全長71.2m、高さ14mの多連アーチ橋
c0152779_1201442.jpg

c0152779_1372773.jpg

宝珠山橋梁(通称:奈良尾橋)全長79.2m、高さ14mの一番大きな多連アーチ橋
c0152779_1202541.jpg

東峰村内の日田彦山線には四つのめがね橋が掛かっているそうです。栗木野橋梁(金剛野)、宝珠山橋梁(奈良尾)、第二大行司橋梁(松尾)の3つの橋は、九州の近代土木遺産に指定され、一番小さな原(はる)のめがね橋は、国道211号沿いにあるそうです。栗木野橋梁と宝珠山橋梁は、毎年12月クリスマスシーズンにライトアップされるそうです
帰宅後、柿を食べながら、イチョウが黄葉した頃、志波柿狩りに行かなくちゃ!そして残りのめがね橋を探さなくちゃ~
ライトアップもみたいなぁ~棚田も展望所から眺めたい~と思った母です。


by rei221122 | 2011-09-24 02:22 | ドライブ | Comments(8)

佐賀・小城市の「江里山の棚田」

c0152779_1335439.jpg
19日(月)佐賀県小城の江里山の棚田を見に行きました
前日は熊本の南部の方に行くと言ってたような・・・
車に乗り込んで出発になって「小城に行きたいと言ってたでしょう」
運転手さんの一言で行き先が決まり「え?」
なんか違和感を感じながらも「出発です!」
途中高速で曲がらなければならないのに
曲がらず直進している運転手??
言い訳してるけど何を考えていたんでしょうね
曲がることまで忘れるなんて(笑)
c0152779_14385548.jpg

c0152779_14391147.jpg

九州の小京都の1つ、佐賀県小城市の江里山(えりやま)地区は「農村景観百選」(平成3年・農林水産省認定)や「日本の棚田百選」(平成11年・農林水産省認定)に選ばれた、日本の山里の原風景ともいうべき景勝地です。江里山の集落は天山山系の中腹に位置し、標高250mに広がる棚田は約600枚を数える。水源は天山山系の自然流水で山間の河川に沿って棚田が広がっており、棚田をぬって走る道路を登りつめた所に駐車場(10台程度)とトイレが整備されている。(途中にも小さな駐車場有り)
近くには、安産祈願で知られる江里山観音や、不動の滝、七曜の滝などの隠れた名所もあり、江里山は見どころの多い地区といえるでしょう

c0152779_167539.jpg

c0152779_1614579.jpg
c0152779_1615698.jpg
c0152779_1621393.jpg

こちらも少し早かったようです明日(秋分の日)位から満開の見頃になると思います
風が強くなり車の中からの見物になりました。次回は散策しながら棚田のよさを探したいと思いました



c0152779_1622766.jpg八天神社や清水の滝が気になると車は山道に入ります、山道は嫌い!(>_<)
でも山で育った運転手さんはお構いなし\(^o^)/
ゴリラに遭遇スカイパーク清水?
現在は閉鎖されているみたいです

c0152779_16162524.jpg

夜景が綺麗みたいです。天気が良かったら佐賀平野が一望できたかもしれません
スカイパーク清水周辺には鯉料理の店がありました清水の鯉料理店街らしい・・
今度は滝を見て、鯉料理を食したいねと再度の訪問を約束して山を降りました(笑)
「清水の滝」全国名水百選の一つ清水川の上流にある滝で、高さ75メートル、幅13メートルの清流が垂直に流れ落ちます。別名「珠簾(たますだれ)の滝」とも呼ばれ、滝のそばには名水にさらしたコイ料理店が軒を連ねています。夏季には避暑に訪れる人でにぎわい小城の奥座敷として評判をよんでいます。


鯉料理大好きな運転手さん夕食にはまだ時間が早い(良かった)諦めて
「小城羊羹買いに行こう!」と本店へ。昔人間夫婦「昔ながらの羊羹」をお土産です
外側のシャリ感、中はやわらか~(^^♪おはぎのきな粉と青のりの中にこの羊羹を入れました(笑)
「とても上品なあんこができたね!」とD様(騙しきれず白状しましたyo)
c0152779_16315115.jpg

よく見ると標章の「む」の点・・桜の花びらが???(桜の季節じゃないから?咲いてませんでした??(笑))
c0152779_16332330.jpg

食べました
c0152779_21434520.jpg

これは「きびざとう」甘さが濃い~♪ 私はブラック珈琲で(^^♪  回りのしゃり感が懐かしい~♪
幼い頃父は、佐賀の出張は、必ず土産は羊羹でした(笑)
by rei221122 | 2011-09-22 17:08 | ドライブ | Comments(4)

番所の彼岸花

c0152779_14473317.jpg 18日(日)七ツ森の彼岸花が遅かったので、慌てて翌日「番所」
に出かけました。5~6分咲きでした。20日~21日頃が満開かな「見頃は9月末ごろまでだそうです」
番所は菊鹿町観光協会でも案内しています
番所は矢谷渓谷の一角にあります。棚田の景観がまた素晴らしい。
石垣の外輪を縁取るように、黄色く色ずく稲穂と相まって鮮やかな花を咲かせます。
ここは、古い家並みや、石垣が残っており、熊本県農村景観大賞も受賞しました


c0152779_14545354.jpg

c0152779_14523795.jpg

5~6分咲き頃がなんとも言えず好きです、これからまだまだ咲きだすって
夢までくれるようで(笑)だからいいときに来たって\(^o^)/万歳です
c0152779_1456160.jpg
c0152779_14561236.jpg

ここの風景が一番すきです。(優しい、穏やかな曲線)
c0152779_14563026.jpg

c0152779_15454100.jpg

c0152779_14564144.jpg

武者返し!と言ったらもっと石垣を手入れしなさいと笑われました^^;
c0152779_1457858.jpg

c0152779_1512845.jpg
c0152779_1514393.jpg

これから「花咲かせる希望」をみた気がしました
c0152779_151557.jpg


菊鹿町HP

農林水産省の「日本の棚田百選」に認定されている山鹿市菊鹿町の番所地区で、あぜ道などにヒガンバナが咲きほこり、山里の秋を赤く彩っている。同地区は、矢谷渓谷に近い約60戸の集落。250年ほど前から築かれてきた約200枚(10㌶)の棚田が山あいに広がっている。ヒガンバナの季節には、あぜの草刈りなどに地区全体で取り組み、多くの観光客が訪れる。棚田は歴史を感じさせる石垣に囲まれ、その間を細い水路やあぜ道が走っている。ヒガンバナはそのそばで点々と花を咲かせ、周辺の緑と美しい色の対照をつくりだしている。9/22熊日朝刊(富田一哉)

by rei221122 | 2011-09-21 15:11 | Comments(4)

氷の音~♪


 c0152779_10304566.jpg
昨日帰宅が遅かったので、翌日も休みだしと(疲れて)お風呂はなし
今朝、のんびり朝風呂です(笑)
「今日もヒガンバナ写すからね」と張り切ってる娘
・・・うんうん(苦笑)と母
お風呂から上がって着替えていると「カラカラ」?と氷の音
「お父さんがお茶の用意してくれてるよ!ありがとう言わないとね」と娘
 恥ずかしくなる・・・母
お風呂入れてるんだもん、それくらいして貰っても~と意地悪さが顔を(>_<)だすこの頃の母
「お父さんが用意してくれちるよ!」と素直に感謝の気持ちまで言える娘に救われる気がしました
そして自分の我にチョッとだけ反省の母・・
妻として反省できないでいる自分にチョッと嫌気がした母でした
あなたといると救われてばかりの母です
by rei221122 | 2011-09-19 10:34 | ひとり言 | Comments(4)

彼岸花

c0152779_2155101.jpg
娘を見送ったあと、野菜を買いに行った帰り
信号で止った側の玄関先に
白の彼岸花が目に入ってきました
「彼岸花!もう咲いてる!」
「わぁあ~見に行かなくちゃ」

二時半すぎに娘が帰宅
で(笑)雨が降ってきましたが来てしまいました(^_^)v
西原村付近~道路沿いに咲いていました、先週まで姿がなかったのに・・咲き出すと早いですne
c0152779_2225567.jpg

c0152779_222492.jpg

c0152779_2265580.jpgc0152779_2272393.jpg

c0152779_2284656.jpg

彼岸花の足元に淡紅紫色のツルボを見っけ!パッと元気一杯小さな花を咲かしていました
c0152779_2285511.jpg

c0152779_22325985.jpg

そして目的地到着「七ツ森古墳」赤い絨毯の彼岸花
・・・でも2~3日遅かった(>_<)
c0152779_22233496.jpg
c0152779_22234845.jpg
c0152779_2224131.jpg

c0152779_22284071.jpg
c0152779_2229189.jpg

雨がひどくふりだしたので、車で古墳のまわりを一周(^^♪ して帰りました。
c0152779_22312792.jpg

by rei221122 | 2011-09-17 22:34 | Comments(4)

男の浪漫!?

c0152779_11492872.jpg 台風の影響で朝から雨かな・・・って諦め?ていたけど
目が覚めると はれ~ \(^o^)/(なんか得した気分)
近くで爆竹の音がします、近くの保育園?の運動会かな?
(良かった!良かったne!)
そう言えば山帽子さんのところはどうだったんでしょう?
てるてる坊主がきいたかな?
 娘は高校の文化祭へクッキーの販売に行っています
休みに娘がいないとなんか~へん(笑)
夫婦水入らずで過ごせる時間がもてる!と思ったけれど
相方様は、自分のことで忙しそう~
(そうですよね、いつもいつも家族サービスばかりじゃ・・ne)
まあ~こんな静かな日もいいかも・・・です。
D様が夜な夜な空を見上げ、独り浪漫を感じてる(笑)星を
ちょっと見せて貰いました。


アンドロメダ大銀河M31(9/7)
日本から見える銀河としては最大のものらしいです。M31の広がりは満月を横に5つ並べたほどもあり、肉眼でもはっきり見える明るさを持った「銀河の王様」です。
M31は伴銀河であるM32、M110や、さんかく座のM33とともに、私達の銀河系を含む銀河のグループに属しています。肉眼でも容易に見る事ができるため、すでに西暦905年以前ににペルシャの天文学者アル・
ズーフィーのスターカタログに「小さな雲」記載されていました。メシエは1764年8月3日に「きれいな星雲、紡錘状で星は見えない。ベースが北西から南西に伸びる2つのピラミッドの先端のようにみえる。ピラミッドのベースの長さは約15′ほど」と記録しています。(メシエ天体アルバムより)

c0152779_22131225.jpg


オリオン座M42(9/12)
勇者オリオンの剣のあたりに輝く散光星雲です。
メシエは1769年3月4日に「オリオンの剣の位置にある美しい星雲。θ星をとりまく3個の星と他の3個の星がある。微細なものはより良い機材で見る事ができる。」と記載しいます。また、1771年には、M42の蝶あるいは鳥の羽を広げたような姿とトラペジウムをスケッチに残しています
「トラぺジウム」とはM42の中心部に輝く4個の星をSASUMONODE,M42はこれらの星の出す光を受けて輝いています。(メシエ天体アルバムより)
c0152779_22141028.jpg

by rei221122 | 2011-09-17 12:46 | Comments(4)

立待月

 昨夜20時ころ「チョッと!チョッと!」とD様の手招き?娘と二階へと後に続いた・・・
ふふふ~とても明るい月でした(^^♪ 立って待ち~今日の月は座って待つD様かもしれません(笑)

c0152779_1355164.jpg


月の出は平均して1日50分程度ずつ遅くなる。中秋の名月の翌日以降の月には、それにちなんだ名前がついている。
 中秋の名月の翌日は十六夜(いざよい)。「いざよう」とはためらうことで、たねらいつつ昇る月を表す。その後は、立待月(たちまちづき)、居待月(いまちづき)、臥待月(ふしまちづき)。遅くなる月の出を立って待ち、座って待ち、ついには寝て待つというわけだ。(熊日9/14あすの天気より)


  明日からは台風の影響がでそうです、さあ~今日は座って待ちましょうか(~o~)
by rei221122 | 2011-09-15 14:04 | Comments(4)

夜の城彩苑

c0152779_11484052.jpg
名月の夜、ちょっと足を延ばしました
新しい熊本城の側にできた城彩苑です
一度お昼に来ましたが
観光客の多さに圧倒され
入り口あたりで帰った日以来です(笑)


c0152779_11571541.jpg

熊本県下の23のお店(飲食7店と物販16店)が勢揃い
c0152779_11573886.jpg
c0152779_11575493.jpg
c0152779_1158751.jpg
c0152779_11582357.jpg

お土産処:9:00〜19:00
お食事処:11:00〜22:00(ラストオーダー 21:00)
定休日: 12月29日〜31日
夜の城彩苑・桜の小路も「よかよ!」(^_^)v素敵だと思ってしまいました
by rei221122 | 2011-09-14 12:10 | 熊本城 | Comments(4)