あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

がんばれ!私かな(^^♪

c0152779_9582576.jpg


皆様のブログを訪問し、元気!やすらぎ!あたたかさ!等々に癒されています
足跡のこさず帰ってきてしまってるけど・・・元気だけもらって帰ってすみません
今年・・今年??(苦笑)夏の暑さをうまく受け入れられずにいます^^;
「何?今のため息?ため息なの!?」なんて、娘に言われています(笑)
ため息(笑)じゃないけど、やたら仕事の後「ふぅ~♪」(笑~♪)
長~く生きてるとあちこちのネジがジージーバーバーいい出します。取替え時期なんでしょうね(笑)
午後から街まで行ってこようかな~♪すてきな「ネジ」があるかも(*^^)v
(娘も自由に(家の中)歩いてます!少しぐらいの時間一人でも大丈夫!・・・?!(笑))

皆様も無理されませんように~!この夏も楽しんで下さい(^^♪
by rei221122 | 2011-07-25 10:21 | Comments(10)

阿蘇草原の「夏の三大女王」

7/20(水)の熊日の朝刊に阿蘇草原に「夏の三大女王」と写真が掲載されていました。
ちょうど17日(日)に阿蘇で見たところでした(^^♪ 
次回は女王様らしい花をお見せしたいと思います(*^^)v
            *穂状の房に薄紫の小さな花を咲かせた「ツクシクガイソウ(筑紫九蓋草)」
c0152779_10454792.jpg

高さ1㍍ホドノツクシクガイソウ(ゴマノハグサ科が現れた。先が細くなった穂状の房に薄紫の小さな花がびっしり。葉は茎を取り囲むように生えていおり、草原を吹き抜ける風に揺れていた。

葉が、9段くらいの層になるところから「九階草」になり、その後、「階」が「蓋」になって「九蓋草」になったというらしいです。
トラノオの仲間は、見た目にそっくりでなかなか見分けがつきにくいが、ツクシクガイソウは他の仲間の葉が2枚の対生になっているのに対し、4~8枚くらいが輪生しているので見分けがつく。とあった?と言うことはこれは?ツクシガイソウではないと言うことかな・・・?再挑戦したいと思います(^O^)/

            *草原の湿地帯に咲いた「オグラセンノウ(小倉仙翁)」
c0152779_1012548.jpg

草原の谷間に広がる湿地帯では、オグラセンノウ(ヒナゲシ科)の赤い花が目に飛び込む。花の直径は2~3㌢。先端はギザギザに割れたいた。

ギザギザがナデシコみたいだけど、色が違います!走行中でも本当に目に飛び込んでくるのですから(笑)

            *鮮やかな赤い花で、辺りに彩りを添える「マツモトセンノウ(松本仙翁)」
c0152779_1010980.jpg

さらに別の草原には、高さ50㌢ほどのマツモトセンノウ(ヒナゲシ科)が数株ずつ分散。直径約5㌢の花びらは鮮やかな赤色で、採草地に彩りを添えていた。そして「草原の環境変化で生育場所が減り、急速に数が減っている。これに盗掘が加われば、近い将来必ず絶滅するだろう」年間を通じてパトロールをする瀬井さんは心配そうに語った。(今村浩)

c0152779_1185311.jpg花の形が歌舞伎役者の松本幸四郎の紋所に似ていることからマツモトセンノウと名付けられた。
赤色とありますが朱色に近いと思います
花びらがチョッとハート(笑)はっと開いた花びらが可憐に感じます(^^♪
ずっとずっとこの阿蘇で夏を楽しみたいものです


 ・・・なでしこジャパンを見て・・・まだボンヤリして
 「お母さん起きてる??」と娘に言われています(苦笑)
 確実に老化はきています。。気持ちも負けてます
 徹夜ぐらい~は遠い遠い昔のことになりました(+_+)
by rei221122 | 2011-07-20 11:31 | 阿蘇 | Comments(4)

なでしこ快挙!

やった!なでしこジャパン!!
c0152779_2140392.jpg
c0152779_21404846.jpg

ナデシコ科ナデシコ属の多年草 別名(異名)はナデシコ、ヤマトナデシコ(大和撫子)
      花言葉:「可憐」 「大胆」 「熱愛」 「純愛 」

諦めない!やりとげる!
すごい
by rei221122 | 2011-07-18 21:53 | ひとり言 | Comments(2)

夏の阿蘇⑤

       根子岳(1433m) 高岳(1592m)  中岳(1506m)  烏帽子岳(1337m)杵島岳(1321m)
c0152779_13494163.jpg

涅槃像、ちょっといじってしまいました。どこから眺めるのが一番いいのかな?
なんていつも思いますが、結局同じ場所から毎回眺めてしまっています^^;

神話の世界では、阿蘇五岳は五人の兄弟の山として紹介されます。
長男は高岳、次男は中岳、三男は烏帽子岳、四男は杵島岳、五男は根子岳です。
 末っ子の根子岳はとてもやんちゃで迷惑をかけてばかり。あるとき兄達を追い越そうと、背丈をどんどん伸ばし大きくなりました。兄達よりも大きくなった根子岳は自分が一番だと、兄弟げんかもしばしば、命は見かねて、葉のついた竹でバサバサと頭を叩き、諌めました。根子岳のギザギザはそのときにできた跡だといいます


c0152779_13495263.jpg

阿蘇の千枚田
c0152779_1350130.jpg
c0152779_1350977.jpg
c0152779_13501756.jpg

愛を探そう~(^^♪  (ハートに見えるのは私だけ?^^;)
阿蘇・九重はもう秋の足音が聞えてます~♪ 下界では今から本格的な夏だというのに(^^♪
夏、阿蘇~九重方面に足が向くはずですne
c0152779_14164160.jpg

もう~ママチャリでは行けませぇ~ん、買い物から帰ってきて・・動けません
「お母さん!生きてる!?」と娘の声が・・・・(+_+)ぅぅううう
皆様も無理されませんように
by rei221122 | 2011-07-15 14:29 | 阿蘇 | Comments(9)

夏の阿蘇④

c0152779_13202989.jpg阿蘇神社の門前町に「水基(みずき)」と呼ばれる湧水群があります。
阿蘇の大地に磨かれたおいしい水で作られた
謹製 阿蘇人 サイダー




c0152779_13204640.jpg
帰りに阿蘇の道の駅で
ピンク色が鮮やかなサイダー
紫蘇(しそ)サイダーを買いました
他にもプレーン、チョコレート、ゆず
1本210円



c0152779_1321348.jpg
c0152779_13211411.jpg
c0152779_13212656.jpg


サイダーを飲んだ我が家は翌日(7/10)炭酸水を汲みに九重へとドライブに行きました(+_+)
by rei221122 | 2011-07-14 15:42 | 阿蘇 | Comments(4)

夏の阿蘇③

「カワラナデシコがあった!」とD様「え?どこ?どこ?」と娘母
車は急には停まれない! 駐車場でもないとこに停められない!次またあるよ!
と、我が家の車は進みます。
(。。。(+_+)。。。。だから見損なう事多し・・・今回もカメラの中にはカワラナデシコは無
c0152779_1144977.jpg

「オカトラノオ」
サクラソウ科の多年草。高さ40~60センチメートル、地下茎を横走して群生する。葉は互生、長楕円(ちょうだえん)形で両端がとがる。7月ごろ茎頂に花穂を出し、多数の白色5弁花が下から咲き上る。名は長い花穂をトラの尾に見立てたものである。山野の日当りのよい道端に生え、日本から中国にかけ広く分布する。湿性地には近縁のヌマトラノオ、クサレダマが生育する

c0152779_11444013.jpg
c0152779_11444911.jpg

「コマツナギ」
斜めに伸びたしなやかな細い茎。葉の付け根ごとに10㌢ほどの花の穂が立ち上がる。一つ一つの花は4~5㍉。端正な蝶形花で、鮮やかな赤紫色の花は緑の中で映える。茎は簡単に引きちぎれるように見えるが、馬をつなぐことができるほど強じんなことからきた名前。草木染の木藍は同じ仲間。本州、四国、九州。花は7~9月。マメ科(山で出会った花Ⅱより)

茎がじょうぶで馬(駒(こま))をつなげるほどであるという意味とも、馬が好んで食べるからだともいわれてる
ようです、チョッと触って確認もしたかったnaでもそんな強じんさはかんじなかったです、花ばかりみてたから(苦笑)^^;
c0152779_11451118.jpg
c0152779_11452611.jpg

「チダケサシ」
ユキノシタ科の多年草。根茎は太く、斜め上に伸びる。葉は2~3回羽状複葉で、柄は長く、小葉は楕円(だえん)形から倒卵形で、長さ2~4センチメートル、幅1~2センチメートル。縁(へり)にやや不ぞろいで深く切れ込む鋸歯(きょし)があり、先端は丸みを帯び、尾状とならない。7~8月、40~80センチメートルの花茎を直立し、花茎の上部に短い側枝をややまばらに出し、多数の淡紅色花をつける。花軸には淡褐色の腺毛(せんもう)が密生し、触るとやや粘着する。花弁は5枚、線状さじ形で、長さ3~5ミリメートル、雄しべは10本で、花弁より短い。子房は上位で2心皮からなり、花柱は2本。山地の草原や明るい林床などに生え、本州から九州に分布する。茎がじょうぶで、山民がチダケ(キノコの一種でチチタケの意味)をとった際、これに刺して持ち帰ったので、この名があるという。(Yahoo百科事典より)

なかなか名を思い出せない、二人で「ほら、この茎に刺して持ち帰った・・・?ほら?」
「うんうん魚だっけ刺して??」
大事なチダケ(乳蕈)」というキノコを思い出せたらne「残念!~こうやって二人は老いてゆくのです(>_<)」
c0152779_1145508.jpg

「ヤマアジサイ」   ユキノシタ科 アジサイ属
ヤマアジサイは福島県以西の本州・四国・九州に分布する落葉低木。サワアジサイの別名があるように、ブナ林などの夏緑広葉樹林の谷筋などに生育する。初夏の山行では、出会いたい植物の1つである。高さは1~2mになるが、高いものは少ない。葉は対生し、長さ10~15cm。花は6月から7月にかけて咲き、周辺に4枚の花弁状の萼を持つ装飾花が、中心部に多数の普通花がある。花の色は薄く紅色を帯びるものから白色、紫色を帯びるもの、青色のものなど多様である。(ネットより)

緑の中に静かに微笑んでたヤマアジサイ、派手さはないけど、落ち着いたあでやかさ、優しさ
惹かれます。
c0152779_1146063.jpg
c0152779_1146134.jpg

by rei221122 | 2011-07-13 13:19 | 阿蘇 | Comments(2)

夏の阿蘇②

7/9(土)空模様も気になります・・・雨よ降ってくれるな~と願いながら
次へと車は進みます(^O^)/
c0152779_147453.jpg
c0152779_1471681.jpg

そうなんです、七月になると「ユウスゲ」から目が離せません~♪
と言いながら去年はユウスゲのレモンイエローの絨毯を見損なってます・・・^^;
今年は~(*^^)v(ユウスゲ優先です!!)
先週はポツン、ポツンと寂しかったんですが、今週(7/9)は仲間が増え始めていましたyo
c0152779_1453412.jpg

c0152779_146427.jpg

 ↑ と見比べると ↓ の蕊の色~新鮮!開いたばかり!!・・・?
c0152779_1462628.jpg
c0152779_1463924.jpg


「オマケ」
D様の口から珍しく何度もでた「ノハナショウブの花が咲いてるよ!」(笑)
c0152779_14234375.jpg

アヤメ科アヤメ属 の多年草。ハナショウブの原種であり、和名の意味は野に咲く花菖蒲(^^♪
こうゆう雰囲気の花?人?が好きなのかも知れません(笑)
c0152779_1436389.jpg

で~私はこんな雰囲気   え?こんな愛らしさは無い!らしい(笑)
バラ科 シモツケ属
      花言葉:「草整然とした愛」 「努力、 自由、 気まま」 
日本~中国にかけて分布する落葉性の低木です。シモツケという名前は下野国(しもつけのくに:現在の栃木県)ではじめて見つけられたところに由来します。ちなみに栃木だけではなく北海道から九州にかけての山地に幅広く自生している花木です。学名は「スピラエア・ヤポニカ」といい、ヤポニカとは「日本産の」という意味です。地際からたくさんの枝を出して広がり(この状態を「株立ち」といいます)晩春~初夏にかけて淡い紅色の小花をたくさん咲かせます。

by rei221122 | 2011-07-11 14:48 | 阿蘇 | Comments(2)

夏の阿蘇

午後から、やっぱり阿蘇の花が気になって、気になって~行って来ました(*^^)v
c0152779_2217586.jpg

c0152779_22321717.jpg目的は~♪
イヤイヤ~
とんぼではありませんが
・・・じっと見てるんです私を
目線を感じてみるとトンボさん
まるでカキランを護るように
「見せてくださいね」とお願いしました(^^♪


c0152779_2218375.jpg

そう!「カキラン」
名の由来でも解るように、花の色が柿色(*^^)v
ラン科カキラン属  
いつもの場所に一株だけ!!今年もちゃんと咲いていました(嬉しいです!!)
トンボさんにお礼を言って次の場所へ~でも空模様があやしくなって来ました、
主人に任せて車の中で待機(苦笑v)
「咲いてる!咲いてる!」と戻ってきました。「ごめんチョッと見てくるね」
と娘を残して・・・^^;
c0152779_22265143.jpg

c0152779_22291513.jpg

うれしいですね~♪ 一年待ったかいがありました(^^♪ 
花言葉にあるように「夢でもあなたを想っていましたよ!!」(笑)  
      
        花言葉:「 芯の強さ」 「夢でもあなたを想う」


        おまけ阿蘇で見たハーフムーン
c0152779_23203615.jpg

by rei221122 | 2011-07-09 22:48 | 阿蘇 | Comments(6)

椎野のあじさいロード

c0152779_026201.jpg

数年前、テレビで見て「行きたいな~♪」と思っていた場所です
今年は「行きたい!行きたい!」とアピールしたかいがありました(笑)
7/2に連れて行ってもらいました\(^o^)/
c0152779_0311541.jpg

c0152779_032511.jpg

c0152779_0313541.jpg

c0152779_0323083.jpg
c0152779_032576.jpg
カメラの中に黒いものが?
おじさん!!邪魔・・・・
邪魔なんですけど・・・・
ナンテ言えません
連れてきてくれたんですから
感謝(笑)

c0152779_039858.jpg

「椎野あじさいロード」は、標高600mの美郷町北郷区椎野地区にあり、全長7kmに渡って約3万本のあじさいが植栽されている。昭和63年、椎野地区近くに自然体験型観光施設「中小屋天文台昴ドーム」が、翌年には宿泊施設「スカイロッジ銀河村」(キャンプ場)もオープンし、そのお客さんの目を楽しませようと、数名の地区住民があじさいを道沿いに植えたのがきっかけで、毎年開花期には今では多くの人が訪れている。開花期間中はあじさい祭りも行なわれ、特産品などの販売も実施する。
「美の里づくりコンクール」  農林大臣賞  椎野あじさい組合受賞 平成19年6月1日
農山村の景観形成に活躍した団体に送られる賞です。わずか8戸の椎野あじさい組合は、30000本のあじさいが咲き誇る全長7キロの「椎野あじさいロード」を整備し、毎年たくさんの観光客が訪れるなど過疎地域の活性化活動が評価されました。平成20年1月には(社)日本観光協会主催の「花の観光地づくり大賞」を受賞しています
c0152779_0472274.jpg
c0152779_0473688.jpg

スカイロッジ銀河村駐車場と椎野の集落内で「あじさい祭り」が行なわれ、商工会女性部がうどんやそばで御もてなし
雨がひどくなったので車の中で食べました(*^^)v
c0152779_0475639.jpg

集落内ではあじさいを買いました
c0152779_1102369.jpg
c0152779_1104994.jpg
c0152779_1144635.jpg









by rei221122 | 2011-07-09 01:26 | ドライブ | Comments(6)

夏の阿蘇

7/2(土)椎野あじさいロードからの帰りに、タバコの花に出あいました
ピンク色が可憐です。 花言葉は「ふれあい」
c0152779_23531864.jpg

c0152779_23563738.jpg

 
 阿蘇の方も寄って帰りました。ぽつん、ぽちん、とアワテンボさん?が咲いてました(^^♪
夕方、阿蘇の草原がこのユウスゲでレモン色に染まるのも、もうすぐです
c0152779_034480.jpg
c0152779_035561.jpg

   夕萓(ゆうすげ)の花言葉:「麗しき姿」
by rei221122 | 2011-07-09 00:14 | 阿蘇 | Comments(4)