あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

水上村のしゃくなげ公園

水上村のしゃくなげ(石楠花)公園まで行って来ました。しゃくなげは「花木の女王」薔薇に対して、
「花木の王 」と呼ばれ、海外でも人気が高い花木だそうです。
何ともいえぬあの花の色は惹かれます(^^♪
途中、相良茶畑、もう新茶もでてることでしょう~♪帰りに買いましょう~♪
c0152779_22534114.jpg

たのき寝入りをしておかないと高所恐怖症の私は行けません・・・山の上また上・・・
しゃくなげ公園には、約3000本程ののシャクナゲがあり、ツクシシャクナゲとホンシャクナゲの
2種類があるらしいのですが分かりません・・・^^;
c0152779_22592860.jpg
c0152779_22594061.jpg

夫婦吊り橋の一つ「白龍妃橋」は歩くところがアクリル板になっており、下を覗くことができ
新緑に包まれて爽快!だそうです(>_<)標高800m程あるので、見晴らしは最高だと思います。
我が家はパス しゃくなげだけを楽しみました(苦笑)
c0152779_2322487.jpg
c0152779_2323820.jpg
c0152779_2325357.jpg
c0152779_2332126.jpg

c0152779_2341052.jpg

 シャクナゲはツツジ科ツツジ属の常緑低木      
        花言葉;「威厳」 「荘厳」
by rei221122 | 2011-04-30 23:35 | Comments(2)

日輪寺のつつじ 4/26

山田の藤を見た帰り、まだ時間があるので日輪寺のつつじを見に行く事にしました。日輪寺は、花の名所として、3月下旬から200本余りの桜、4月中旬からは3万5千株のツツジが咲き誇り、一帯は赤や白、ピンク色に染まります。つつじ祭り開催期間中は花見客・観光客で大変賑わいます。
c0152779_16202136.jpg

c0152779_1625518.jpg
その前に腹ごしらえ(*^^)vどんな素敵な食事ができるのかルンルン~♪
でもお互いの財布を当てにしてまして
「そんなこと無いよ」の声。。当てにしてたのは私・・・。
お薦めの〇〇(忘れました<(_ _)>)膳を食べました。
はい!しっかりご馳走になりました(感謝。) さあ~♪出発~♪
c0152779_16204717.jpg


日輪寺(にちりんじ)は、平安時代に天台宗の寺として開山され、鎌倉時代に曹洞宗に改められました。菊池武時、加藤清正、細川忠利ら歴代の領主より手厚く庇護された名刹です。昭和44年、日輪寺裏山でつつじ育苗園を造成中、古墳時代前期の竜王山古墳が発見され話題を呼びました。長い歴史を持つ寺であるため、境内には多くの史跡があります。菊池武時の息女了心素覚尼の五輪塔や在銘の梵鐘(1358年作)、石体観音三十三基、忠臣蔵で知られる赤穂義士のうち細川藩にお預けになった大石内蔵助良雄を始めとする十七士の遺髪を納めた遺髪塔があります。毎年2月4日の義士命日には「義士まつり」が開催されます

c0152779_22484997.jpg

c0152779_16435439.jpg
c0152779_16441640.jpg
この湯町橋は元来、豊前街道が吉田川を渡る山鹿口に架けられていたもので、昭和49年河川改修に伴いこの地に移設された。元の橋の長さは17.7㍍であった。アーチの径(スパン)はそれぞれ7.02㍍と7.1㍍ある。楔石(アーチの頂上の石)に銘文が刻まれており、その銘文から文化11年(1814)に完成した橋で、鍋田村(現山鹿市鍋田)の石工吉兵衛らにより造られたことがわかる。石は鍋田で採れる阿蘇凝灰岩を使用しており、地元の石工が地元の石材を利用して架けた橋であることがわかる。

c0152779_16455810.jpg

c0152779_16494287.jpg

c0152779_16465740.jpg

ここら辺りで充分と言っていたら「まだまだこの先だよ」って(ーー;)
何?桜何でしょうか?きれいでした
c0152779_16591027.jpgc0152779_16592551.jpg

c0152779_1721637.jpg
c0152779_1723233.jpg

振り返ると春の影~♪心癒されます・・・私の人生も振り返ったときこんな穏やかだったらいいな
なんて思ってしまいました。先が短くなってきたってことかな(^^♪
c0152779_1724931.jpg

c0152779_16532353.jpg

まだまだこの先がおもしろいのに・・・・おびんずる様の頭のあたりまでしか行けませんでした(>_<)
3号線から見える大きな大仏は「おびんずるさま(通称:撫で仏)」の像で、高さ30m、幅10m、頭の大きさ6m、手のひら3mの巨大な像で本堂のすぐ横に入場口(有料:大人250円)があり、その先に続く階段を上ると像全体が眺められる広場に出る。内部にはさらに黄金色のおびんずる様の分身(ミニチュア)が横たわっていて、自分の身体の悪い部分とおびんずる様の同じ部分を交互に撫でると病気が治るという。
大仏様が倒れているように見えますが、山の傾斜に合わせて建てられているからみたいです。
by rei221122 | 2011-04-29 22:55 | Comments(6)

オキナグサ

白く長い綿毛がある果実のある集まりを老人の頭にたとえ、翁草(オキナグサ)というらしい
風に長い白い綿毛が乱れています(笑)でも前かがみに、うなだれてるような・・
控えめな姿は気になり、毎年この場にみにきてしまいます
c0152779_2295363.jpg
c0152779_2210241.jpg
c0152779_22101454.jpg

         キンポウゲ科オキナグサ属の多年草。
               花言葉:「何も求めない」

c0152779_2281635.jpg義父の十七回忌の法事も終りました
私ももうおまけの人生です。
でも娘より一日でも半日でも一時間でも
永く生きていたい
私の祖母は99まで生きてくれたのだから
母は68まで生きました。母の分まで
私は100まで生きなくちゃ(*^^)v
by rei221122 | 2011-04-29 22:33 | Comments(2)

玉名市の「山田の藤」

c0152779_0394018.jpg
「淡く濃く房染める」と玉名市「山田の藤」が熊日に
掲載されていましたので行って来ました。
皆さん一緒みたいで新聞をみてきましたと
駐車場は満車。遠くの駐車場にとめることができました。
玉名市山田の山田日吉神社の境内にあります。
今年も見ることができ幸せ気分です


可愛い園児達もお花見(^^♪
「こんにちは」「こんにちは」と可愛い声(に救われました~♪)
c0152779_03953.jpg
c0152779_032156.jpg

山田日吉神社の境内にある「山田の藤」
c0152779_0205059.jpg

c0152779_0898.jpg
c0152779_082080.jpg
c0152779_083022.jpg

樹齢約200年という「山田の藤」は東西22m、南北18mに枝が伸びる。
7~8分咲き、房の量は昨年より2,3割増しで、最長1.2m。
昭和40(1965)年2月25日に熊本県の天然記念物に指定されています。
境内にあるほかのフジ10本は5分咲き

c0152779_0232856.jpg

藤の花の下では花見のお客さん達でいっぱいでした
玉名物産もあり、今年も肥後節菓熊本・むらたの高瀬わらびもち、
とあいあい庵の串さし団子(団子のモチモチ感が好き)を買いました
upがないのは・・・やっぱり食い気の我が家だから・・・^^;

藤のアーチの参道 週末に娘と一緒にまた来たいと思います。
長 さ1.2mの見事な花房をつけた満開の藤を楽しもう~♪
c0152779_019886.jpg

c0152779_019415.jpg
c0152779_0195949.jpg
c0152779_0201457.jpg


ライトアップもされているそうです
   日時:平成23年4月20日(水曜日)から開花終了まで
       午後7時から午後10時頃まで          

by rei221122 | 2011-04-27 00:50 | Comments(4)

アカバナルリハコベ

 4/24(日)御伴をしたとき、駐車していた車の前で見つけました。とてもきれいな色だったので
小さな花でしたが目立ってました。葉がハコベに似ています
c0152779_23201768.jpg

  サクラソウ科ルリハコベ属
     曇った日や、晴天でも夕方になると花はすぼんでしまうそうです。
     「ルリハコベ」という花があり、花の色が橙色がかっている他は全く同じだから
     「アカバナ」をつけて「アカバナルリハコベ」と長い名前がついたそうです。
         
          花言葉:「追想」 「約束」 「変わり身」
by rei221122 | 2011-04-26 23:55 | Comments(0)

花の木堰の大公孫樹

c0152779_22291266.jpg 北九州まで主人のおともです。帰りにイチョウの花をみたくて
より道をしてもらいました
花の木堰の大公孫樹です。県道27号線、犬鳴川が遠賀川に合流する直前の土手にあります。道路より低いところにありますが、五平太船の船頭さんたちが航行の目標にした姿は高速からも見ることができます。
c0152779_22294872.jpg


c0152779_2158544.jpg

c0152779_2224880.jpg

c0152779_2232027.jpg

花の木堰の大公孫樹(はなのきいぜきのおおいちょう)
              (福岡県指定天然記念樹)
 この大公孫樹は、樹齢千年と推定され遠賀川土手にある公孫樹の中で最も大きいものである。往時、石炭を運搬して遠賀川を上下した五平太船(かわひらた)の船頭たちに航行の目標としてしたしまれたものである。また、この樹の眼下の花の木堰は昭和五十一年三月の現在の近代的可動ゲート(水門)堰として完成したものです。これは明暦二年(1658年)の築堤にはじまりその後再三改築を経たもので、樹の右端土手下に残された堰(いぜき)の実物縮小模型は昔日を偲ばせます。
   胸高幹周 8.25  根回り17.60 枝張り東西25.4南北21.0
   樹高 28.40    枝下 1.40  乳こぶ 10あまり


樹の右端土手下に残された堰(いぜき)の実物縮小模型
c0152779_2159584.jpg
c0152779_215940100.jpg
羨ましいキュッと締まったウエスト
c0152779_21595235.jpg

10あまりの乳こぶ、近くで見ると大きい乳こぶです、だから遠目から(笑)
c0152779_220241.jpg

主人が見つけました「私が最初に見つけようとおもったのに・・・」と娘。。ほんとよねお母さんも最初に見つけたかったわ・・・この一つしか見つけられませんでした「らっぱイチョウ」
c0152779_2201938.jpg

もっと明確にUPできたらな・・・でも芽吹きって大好きです!
c0152779_2204117.jpg
c0152779_221679.jpg

    
       花言葉;「鎮魂」  「長寿」 「しとやか」
by rei221122 | 2011-04-25 23:21 | Comments(0)

希望のすずらん~♪

c0152779_11424086.jpg

奥の方だけに咲いていたナルコユリが今年は手前まで進入してきてハラハラ~するやら
去年やっぱり株分けして片付ければよかった・・・とこの↑様子を見て後悔。。。
だって・・・主人が気にかけていた「スズラン」が写真の手前の方に毎年姿を見せてくれるんですが
なかなか・・(+_+)芽を出してくれないのです


でもでもチャンと今年も~~\(^o^)/
c0152779_11411536.jpg
c0152779_11413875.jpg

c0152779_11551584.jpg

   花言葉:『純潔』 『純愛』 『幸福の訪れ』 『 幸福の再来』

        そしてだけのブログを作っている最中です。よかったら覗いてくだだき
そして花の事を色々教えていただけたら幸いです<(_ _)>
by rei221122 | 2011-04-25 12:02 | | Comments(0)

阿蘇草原に咲くさくら草

阿蘇の野焼きのあとに、さくら草も咲き出していました
邪心のないこのさくら草の花の色、花言葉じゃないけれど「希望」の花です!!
c0152779_21584819.jpg
c0152779_2159573.jpg
c0152779_21591755.jpg

 サクラソウ科サクラソウ属の多年草。 

     花言葉:「希望」 「初恋」 「純潔」



忘れないようにup(笑)
c0152779_21575818.jpg出張のお土産、どんな顔して選んでくれたんでしょう、それを思うとなんかチョッと嬉しい~♪娘はバックにつけていました
c0152779_21581214.jpg
by rei221122 | 2011-04-22 22:21 | 阿蘇 | Comments(2)

杖立の鯉のぼり

全国各地で見られる「鯉のぼり祭り」の発祥の地は杖立温泉。今年も行って来ました。
杖立温泉内には沈下橋以外に。「紅葉橋」「杖立橋」「桜橋」の3つの橋があり、それぞれの橋のたもとには、皆の健康を守る「健やか地蔵さん」、恋が実るようにと祈る「恋の成就地蔵さん」、そして子供達の成長を見守る「子育て地蔵さん」がおられる・・・鯉のぼりに気をとられ3つの橋を通ったのに写してくるのを忘れました
c0152779_151492.jpg


c0152779_224880.jpg
c0152779_23682.jpg
c0152779_235063.jpg
c0152779_241072.jpg

カワガラスが銜えているのは?水棲昆虫だって^^;トビケラ
c0152779_253492.jpg
c0152779_261093.jpg

色んなプリンを食べたかったんですが、着いたのが遅かったので
「杖立プリン売り切れました」が目立ちました(>_<)しっかり探して食べました(笑)
c0152779_2854100.jpg

by rei221122 | 2011-04-22 10:27 | ドライブ | Comments(4)

いつもの御伴 

4/17(日)午前中は主人の練習に、でも先客ありで残念。でも母と娘は素敵な景色に\(^o^)/
最初に母に教えてもらった名前は「げんげ」学校に行きだし「れんげそう」の名も知りました
牛の飼料としてるから、げんげ畑には入ってはならないと言われていました。野道で幼い頃
くびかざりなんか作って遊んでいました(^^♪
「手に取るな やはり野に置け 蓮華草」 江戸時代に滝野瓢水が詠んだ俳句
c0152779_1134071.jpg

c0152779_114584.jpg

白色のれんげ?そしてアゲハ蝶がいます、欲を出して近づいたら・・・逃げられました(>_<)
c0152779_1143614.jpg

c0152779_1354174.jpg

c0152779_1144878.jpg

そして午後から杖立の鯉のぼりを見に行きました。

マメ科ゲンゲ属に分類される越年草
    花言葉: 「心が和らぐ」「私の苦しみを和らげる 」「感化」.
by rei221122 | 2011-04-21 10:36 | Comments(2)