あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

花見のお土産  3/29

 今日は娘のお花見の場所まで送迎です。桜の木の下に場所取りは出来ているようです。
桜はまだ五分咲きかな、今年は他の花見客の家族連れも多くカラオケは中止、静かな
お花見となりました。お母さん達も送ってきたついでに花見・・・(^^♪
久しぶり会え楽しい話の輪が咲きました、話で楽しんでいる間、主人はカメラと散歩のよう
です姿が見えなくなりました。
でも、すてきなお土産がカメラのなかに・・・(^^♪
c0152779_11263880.jpg

c0152779_1230260.jpg
c0152779_12301473.jpg
c0152779_12302871.jpg
c0152779_12304655.jpg
c0152779_12311691.jpg
c0152779_12313678.jpg
c0152779_12314930.jpg

by rei221122 | 2008-03-31 12:58 | ドライブ | Comments(2)

ヒゴスミレ

 今年も咲き始めました。去年は葉ばかり大きくなり花が埋もれてたような状態でしたが
今年は顔を(^O^)/出しています。これからが楽しみになってきました
 ”すみれ”を今年の課題にしようと思っていますが、形や柄の違い、種類の多さに
何もしないうちから引きぎみ・・・うぅぅ~ん  身近なとこからコツコツと^^;
c0152779_1133235.jpg
c0152779_11331810.jpg

下を向いているので、ちょっと覗き込んでみたら、けっこう大胆に口を開けていました~ょ
「みないで」と恥ずかしがっているのでしょう・・・か?開花が楽しみです
c0152779_1133321.jpg
                                            3月19日写
蕾で喜んでいると、一週間もしないうちに満開状態(^^♪そばには新たな芽が顔を
だしていました。増やした~い
c0152779_12471226.jpg
c0152779_12472458.jpg

c0152779_12543916.jpg
                                            3月24日写
by rei221122 | 2008-03-27 11:31 | | Comments(4)

待つ楽しみ見っけ☆3/21

 
 ドライブの途中たんぼのあぜ道や斜面の土手にも色んな花達に出会い主人のおともをする
のも、楽しく時間を過ごせるようになりました。「☆楽しみを見つけてほしい☆」そう言ってた
主人のことばが今 ”このことかな~ぁ” と少しだけ思えます
c0152779_0205847.jpg
主人が樹木を撮っている間、車外に出,周りの花に目をやる余裕?を持てる様になりました。
c0152779_027409.jpg
                      アマナ
c0152779_0275935.jpg
                     れんげ
c0152779_0281286.jpg
                     ハコベ

そして土手の斜面に、初めてみかけた(きずいたという表現が正しいかも)花の白さがまぶしかった ”ツクシショウジョウバカマ”
c0152779_0355393.jpg
c0152779_03664.jpg
c0152779_0361970.jpg

よく通る道です、この時期に通るのは初めてかな?「木五倍子・キブシ」の花を見ること
もできました
c0152779_14551458.jpg
c0152779_14553171.jpg
c0152779_1455556.jpg

by rei221122 | 2008-03-26 12:42 | ドライブ | Comments(2)

五木村までⅤ「道の駅」 3/16

 子守唄の里・五木 何度通ってもほっとさせてくれる場所です
子守茶屋は、場所は変わりましたが、温かく迎えてくれるのは変
わりありません。ここの栗饅頭は栗100%の餡のため季節限定
毎回食べられないけれど、拘りがまたいい(^^♪奥さんの笑顔
に逢えまたほっとして帰ってきました(・・・いつの間にか自宅)
c0152779_13294471.jpg
               子守茶屋
c0152779_13351399.jpg
               山の幸(道の駅)
道の駅の豆腐を買ってくれてましたので、早速白和えにしました、大豆の香がし
円やかな味に出来上がりました (去年食べたいちご大福も美味しかった)
by rei221122 | 2008-03-24 02:19 | ドライブ | Comments(2)

五木村までⅣ「枝垂れ梅」 3/16

 子別峠から入鴨観音堂への途中、民家の庭の枝垂れ梅!?
あまりの美しさに車を止め「パチリ」許可無く撮ってしまいすみません
でも足を止めたくなるような美しさでした、写真なのが残念
c0152779_13585432.jpg
c0152779_13592239.jpg
c0152779_14091.jpg

by rei221122 | 2008-03-24 02:18 | ドライブ | Comments(3)

五木村までⅢ「入鴨観音堂」 3/16

 樹木を探しながらの山道だから方向音痴の私は今何処を通っているのかさっぱり
看板を見かけて現在地が解る、否地名がわかったかな^^;
入鴨観音堂、ここはイチョウで来たのでわかる!!
観音堂は鍵がかかっていて隙間から・・・面が左右に飾ってあったが何なんだろう
次回イチョウが新葉をつけた頃行き、もう一度見直そう。
c0152779_121338.jpg
           入鴨ダム
c0152779_1214937.jpg
c0152779_122627.jpg
c0152779_1222551.jpg

c0152779_10191242.jpg

by rei221122 | 2008-03-24 02:17 | ドライブ | Comments(0)

五木村までⅡ「鬼山御前の伝説」3/16

 途中気になる木が目に付いたと山の中に消えた主人、お腹も空いたし景色も良いし
空の青さを眺めながら私はおにぎりをパクリ・・・ぱくぱく
c0152779_0541741.jpg
c0152779_0543016.jpg

無事主人も戻り腹ごしらえを終え車を走らせていると「鬼山御前の伝説」の看板発見
5段そして20段程の階段を登ると祠、そして名水があり先にも道が続いていた。
名水の看板を見るとおぶったまま子に乳を与えられるほど・・・・と羨ましがっている
うちにミネラル豊富な水を飲み忘れてしまった


c0152779_10273067.jpg平家の官女、玉虫御前は屋島の戦いに敗れ四国より日向を経て、弟とともに源氏の追討をさけ、名も鬼山御前と改名し、柿迫村岩奥に住み着きました。
 その頃源氏の追討は厳しく那須与市の弟大八が、平家の残党を追い求めて、椎葉村まで参りましたが、大八の帰国が遅いので、那須与市の嫡男を第二の追討に差向けました。
 那須の軍勢は、岩国を通り五家荘へと向いました。岩国に住み着いていた鬼山御前は、那須の軍勢の後を追い、同じ同族の平家を討たせてはならぬとやっとこの地、保口にて追いつき「この奥は人の住む所ではない、ここに留まって様子を見ては」と引留め、那須与市の嫡男と鬼山御前との共同生活が始まり、そのままこの保口で一生を過ごしたと伝えられます。
(保口の那須家は、その子孫と伝えられる)


c0152779_1125121.jpg

c0152779_1131141.jpg

c0152779_1132914.jpg

by rei221122 | 2008-03-24 02:16 | ドライブ | Comments(0)

双子の水仙

 雨上がりいきいき花たちⅡ
車庫前のこの一部だけ花がふたつ??こんな品種?これは花は一つと思っていたので
あれぇと思いながらも新鮮,そして可愛く思えてしまいました
c0152779_1050234.jpg
c0152779_10501550.jpg
c0152779_10502586.jpg

ちょっと遊んでみました
c0152779_1104170.jpg

by rei221122 | 2008-03-21 11:05 | | Comments(2)

雨上がりのイキイキ花たち

 春らしくなってきた今日この頃、庭のあちこちにも芽が伸び始めています
でも「ええ・・・ここにも植えていたかな??」と思うばかり・・・でも春は嬉しい
花を見ると気持ちまで楽しく~☆なってくる。数日前,いきいきしてたので「パチリ」
c0152779_1039142.jpg
c0152779_10392932.jpg
c0152779_10395259.jpg
c0152779_10401667.jpg
c0152779_10404450.jpg
c0152779_1041018.jpg

c0152779_10423012.jpg

c0152779_10425598.jpg

c0152779_10411327.jpg

by rei221122 | 2008-03-21 10:43 | | Comments(2)

五木村までⅠ「子別峠」

 13日(木)桂?の木の花が見たいと休みが取れた主人のおともです
御船~氷川ダム~泉村~子別峠~五木村へ帰りはせんだん轟方面は工事の為
大通峠~宮原~松橋へと帰ってきました。目的の花は見る事が出来ませんでした
子別峠の手前の山はまだ雪が残っていました
c0152779_0374571.jpg

子別峠のシャクナゲの花はまだつぼみ状態、ひらひらとレースみたいで可憐な花姿が
また見たいものです、今年も満開時期に行けたらいい・・・な
c0152779_0444329.jpg

ちょっと心痛い伝承、親の立場で受け止めてしまい心穏やかではいられませんでした
c0152779_1121015.jpg「この峠の名は「こべっとう」と読む。五木村の北部、五家荘久連子と八代・熊本平野を結ぶ古くからの交通の要衝で南の大通峠・番立峠とともに人吉藩の番所が置かれていた。かって、五木の娘達は7~8歳になると町に奉公に出されえいた。その出発の日に、親はこの峠まで子供を送り、先の身を案じて別れを惜しんだという。また、南北朝時代に征西将軍壊良親王が五木の里に一時身を隠されたが、親王に従って都に上る者と残された妻子が、この峠で別れを惜しんだので、その後、子別れ峠と呼ばれるようになったと言う伝承もある。

c0152779_11201421.jpg
c0152779_11203465.jpg
by rei221122 | 2008-03-19 13:58 | ドライブ | Comments(2)