あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

八勢の眼鏡橋

上益城郡御船町上野の八勢の眼鏡橋の桜の様子がまたまた気になって寄ってみました
これも21日(土)のことです。駐車場(6台)もトイレもできています、ゆっくり花見ができます
c0152779_10522671.jpg

橋の建設には通潤橋の建設を終えたばかりの種山石工・甚平・宇助が棟梁としてあたりました。八勢川と農業用水路に架かる複合的な大眼鏡橋で、長さ56m、幅4.35m、高さ10.3mもあり、橋に続く石畳もつくられました。八勢の人びとも石の運搬をはじめ、力の限り汗を流したと伝えられています。大工事は4か月におよび、安政2年(1855年)3月に完成しました。この大眼鏡橋と石畳が完成して以来、人馬の犠牲はなくなったそうです。(ネットより)
c0152779_10523964.jpg
c0152779_10525628.jpg

江戸時代から明治初期まで、熊本・御船から矢部や日向国(宮崎県)への旅は、現在の御船町木倉を通り軍見坂(ぐみざか)を越える日向往還を使い、人馬の往来も多く見られました。その街道沿いには八勢川(やせがわ)が流れており、渓谷が深く、渡るには崖(がけ)を上り下りしなければなりませんでした。また、橋に下る小道も傾斜が急で足場が悪く、年貢米を運ぼうとした人が、米俵をかついだまま川に転落して命を落とすことが絶えなかったといわれています。さらに、長雨になると激流となり、村人が命がけでつくった木橋も流され、数十日も交通がとだえることもありました。
 また、八勢の村の人びとは、橋を架けるために仕事を休まねばならず、そのうえ病人も医者に診せることができませんでした。そこで、安心して通える道路や激流に耐える橋がほしいと誰もが願っていたといわれています。当時、熊本藩の財政は苦しく、八勢川に石橋を建設するような資金はありませんでした。そこで、木倉手永で「萬屋(よろずや)」として酒造業を営んでいた林田能寛(よしひろ)は、「事の大小を問わず、そのまま見殺しにしておれないのが私の性分。費用万端私におまかせ下されば、たとえ能寛は乞食に相成り果てましても、この難儀(なんぎ)を救わずにおれません」(『御船風土記』)と惣庄屋・光永平蔵に橋の建設の相談をしたと紹介されています。平蔵は上司の蒲池正紹に伝え、正紹はすぐに藩に請願を出しました。藩の許可が下り、能寛は私財を投げうって橋の建設にとりかかりました。(ネットより)

c0152779_10531097.jpg

c0152779_10552529.jpg

21日(土)の桜(^^♪ ピンク色が見えだしています。もうすぐですね(^_^)v
by rei221122 | 2015-03-26 10:48 | ドライブ | Comments(2)
Commented by KIKO at 2015-03-28 15:22 x
石造りの素敵な橋ですね~
当時の人にとっては命の橋ですね!

まわりの景色を眺めながらゆっくり渡ってみたいです。

Commented by rei221122 at 2015-03-30 21:18
☆kikoさん☆
 日向に続く道です、石段を通って行きたいと思うばかりで
まだ実現できていません(^-^;
爺様がこちら方面だから色々説明してくれます、本当に命の橋ですね
今頃は桜も満開でしょうねぇ  雨が降らないと良いんですけどね