あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

黄葉~♪  ②康平寺のイチョウ

山鹿市鹿央町の康平寺の境内一面に、イチョウの落ち葉で黄色いじゅうたんを敷き詰めたような光景が広がっている。と11/27の熊日新聞に掲載されていたので行きました(^^♪
c0152779_21181377.jpg

 本堂の両脇に樹齢150年と伝わるイチョウの大木があり、紅葉の時季は、十数年前から落ち葉を掃かずに境内を黄色で染めるようにしたところ、県内外から多くの観光客らが訪れるようになった。境内を見下ろす位置にある脇の林道は、人気の撮影スポットだ。
 同寺は1058年創建の天台宗の山岳密教寺院で、県重要文化財の千手観音、28部衆立像などを安置。地元の霜野区の住民が当番制で寺に詰め、ボランティアの案内や清掃管理を続けている。
 「例年以上に色づきが良く、今月いっぱいが最も見ごろ」と森芳顕区長(67)。12月7日までは、落ち葉をそのままにしておくという。(熊日より)

c0152779_2120121.jpg
c0152779_21203020.jpg

c0152779_2121313.jpg
c0152779_2121136.jpg

   真堂浦の石造物群
真堂浦の一角に集められ、埋もれていた五輪塔うあ石塔などです。昭和六十三年にこの場所へ集めました
各輪の重ね方は当初のものではありません。
真堂浦・・・江戸時代の初めまで、康平寺の本堂があったとされる場所。ここから約三〇〇m北東。(案内板)

c0152779_21295384.jpg
c0152779_2130425.jpg

c0152779_21342392.jpg

カッコ良いカメラマン!  私も撮ってみました(^^♪
c0152779_2137036.jpg

人が通り過ぎるのを静かに待っていられました・・・・私にはできない物静かさ、忍耐強さ
カメラマンと同じ角度からと思ったんですが、さすがに前に・・・・なんてできませんでした^^;
境内を見下ろす位置にある脇の林道は、人気の撮影スポットとありましたが、今回はここから(^^♪
霜野区の住民のみなさんお世話になりました。

  「康平寺」

by rei221122 | 2014-12-05 09:00 | ドライブ | Comments(0)