あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ハクモクレン

 3/12(水)天気がいいので益城町の浄信寺のハクモクレンを見にいきました
c0152779_1395568.jpg

まだ蕾が多かったです 雪がふったりで開花した花は寒さに花びらの先が・・・・
c0152779_1310669.jpg

満開にあわせて、また来たい~na  そのときはお寺の庭にもお邪魔したいna
川の菜の花が春を知らせてくれていました
c0152779_1321889.jpg


モクレンの花言葉;「自然への愛」 「崇高」 「持続性」
ハクモクレンとコブシの違い、分かってるようで分かっていない私です^^;

花びらは太陽の光を受けて南側がふくらむため、花先は北側を指す。 
 (「つぼみ」の頃は片方にそり返っている) このことから、「磁石の木」と
 呼ばれることもある。
花びらが全開するのが「こぶし」、手をチューリップ型にすぼめた格好なのが「白木蓮」
こぶしの花びらは、白木蓮に比べると細く、花びらと花びらの間に隙間が見え、花が咲くときに花のすぐ下の葉が出ています。ハクモクレンは花が大柄で、花の時期に葉がありません
 花の付き方にも差があり、白木蓮は真っ直ぐ上向き、こぶしはやや下向きにつく

by rei221122 | 2014-03-19 09:00 | ドライブ | Comments(0)