あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

山笠のあるけん、博多たい!!

朝刊に「博多祇園山笠が幕開け」と掲載されていました
今年で771年目となる福岡市・博多の夏伝統の祭り「博多祇園山笠」が1日幕を開け、山笠人形で豪華に彩られた高さ10㍍を越える山車「飾り山」が市内14ヵ所で公開された

そして飾り山を見上げて「毎年これを見ないと夏が来たとはいえないんです」とコメントされていた
よく分かる~私もそんな気になる~♪と思ってしまいました。田舎でも山笠がありました。男の祭、家の前を山車が通ると女たちは水をかけていた・・ような・・・遠い昔の思い出(^^♪
「流れかんじょう」も夏の思い出・・・。夏の行事(納涼祭で戦没者の慰霊祭)だったような?
結婚して毎年・・・懐かしくおもうばかり(苦笑)

「毎年これを見ないと夏が来たとはいえないんです」
このコメントにほっと・・・。だれだってこんな気持ちありますよね
毎年これをみないと、食べないと(笑)〇が来たとはいえない・・・
自分と同じ思いをしてる人がいると嬉しくなってます。
そして同じ様なことを言った相手に、寂しい気持ちになれた思い出も(ーー;)信頼していたからなおさら^^;
陰で言われていたことがバカにされてるようで不信感を憶えたこと・・・。悲しみってなかなか消えません。
忘れないと生きていけない思いをするということも知りました^^;
でも朝刊をみてなんか嬉しくなりました。同じ思いをしてる人がいたんですもん(^^♪
それだけで充分  うん!充分 充分充分。
by rei221122 | 2012-07-02 11:48 | ひとり言 | Comments(0)