あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

仙酔峡のミヤマキリシマ

 5/7(土)に行った時はまだ2~3株にしか花はついていませんでしたので
また5/21(土)の帰り寄って来ました。
c0152779_0302289.jpg
c0152779_0303649.jpg
c0152779_031583.jpg

仙酔峡ロープウエーの動力源モーターがGW中に故障し、運行再開の見通しはまだ立っていません。
c0152779_0324763.jpg

c0152779_0311892.jpg

噴火警戒レベルが2となり、火口1K規制となってます。注意書きの看板が増えていました
臭いも少々強いです、喘息もちの娘は車の中で待機・・私も車の側で写すだけ
「花酔い橋」は渡りませんでした。
次の日5/22の熊日朝刊に見頃を迎えた仙酔峡の記事が掲載されていました
阿蘇市一の宮町の仙酔峡に自生する5万株のミヤマキリシマが見頃を迎え、山肌を赤紫色に染めている。例年より1週間ほど開花が遅れており、今月末まで楽しめそう。21日は大勢の観光客が訪れた。千葉県浦安市の萱野博道さん(68)は「花の愛らしさと山並みの美しさに心が洗われた」と喜んでいた。阿蘇市によると、現在七~八分咲き。火山ガスの影響とみられ、一部は枯れている。火山活動に伴い火口周辺規制(半径1キロ)が行われているが、草千里やロープウエーの阿蘇山上駅までは立ち入りできる。草千里から火口西側の阿蘇山公園道路にかけては咲き始めたばかり。(佐藤大樹)

by rei221122 | 2011-05-23 01:03 | 阿蘇 | Comments(0)