あなたの側で

rei221122.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

小鹿田焼の里    1/18

 今朝6時から大分・中津まで主人のお供です。息子が留守番のためご飯の準備で遅くなり寝るのも朝方起きていれば良かったけど2時間程寝ようと横になったのがいけなかった目が覚めたのがもう6時過ぎ(>_<)高速で日田まで耶馬渓を通って30分ほど遅刻^^;ゴメン
でも今日は練習会「投げ初め会」で良かった。
帰りに小鹿田焼の看板を見た主人「行ってみる?」と「でも山の中らしいよ」と私.....。「行こう」
と車は小鹿焼き目指して走ります(笑)

10軒の窯元が伝統を守り続けている小鹿田焼「筑前の国小石原焼きから陶工・柳瀬三右衛門を招き、大鶴村の黒木十兵衛によって開窯された李朝系登り窯です。300有余年にわたり当時の技法を受け継ぎ、窯の火を守ってきました。」とあるように模様が小石原焼き風で、筑前生まれの私め一度は訪れたいと憧れていましたでも山奥と思っていたのでなかなか行きたいと言えませんでした。道路も良いし楽にいけました
 でも不思議、小鹿田焼きの町に近づくとここにだけ雪がまだ残っていました
c0152779_15422781.jpg

c0152779_163639.jpg
c0152779_1632669.jpg
c0152779_1634029.jpg
c0152779_1635351.jpg

そしてところどころから音がします、「象がないてるみたい!」と娘が上手いこと言います本当に象がいるみたい?!(笑)
c0152779_1612283.jpg
c0152779_16124149.jpg

谷川の水を利用した唐臼(からうす)がたくさんあるこの音でした
c0152779_16204132.jpg
c0152779_16205775.jpg
c0152779_16211110.jpg
ここで天日乾燥されるのでしょう 陶器祭にもきてみたい。今度は珈琲カップ(主人)スープ碗(母)花瓶(娘)買って帰ろう(^^♪
by rei221122 | 2009-01-19 16:36 | ドライブ | Comments(2)
Commented by ぱふぱふ at 2009-01-19 19:54 x
私も陶芸を一応趣味の範囲ですがやるので
窯元は見かけるとよってみますね
気があえば・・何度でも伺ってしまうタイプですから
結構私利が増えてます・・お望みの作品があるといいですね
Commented by rei221122 at 2009-01-20 14:50
☆ぱふぱふさん☆
 趣味の範囲!すごいなぁ~♪
 ぱふぱふさんの作品今度upしてほしいです(願~)
 小鹿田の里の場所も分かったし今度は作品をじっくり.....。
 購入できたら~へへへお楽しみ!!(^^♪